« 沖縄のオススメCafe (9) ~ 番外編 てんtoてん ~ | トップページ | 鳶尾山 »

2010年9月28日 (火)

伊達 奇跡

昨日の話になるが、今開催されている東レPPOの1回戦で、伊達がシャラポワを7-5、3-6、6-3で退けた。
この日、伊達にとって30歳代最後の日、この年齢でこの結果は驚異的だ。

確かにシャラポワは調子が悪そうだったが、それでもかつての№1で年齢も23歳。
身長で20cm以上、年齢で16歳の差。
普通に考えれば、伊達の勝ち目は薄いカード。

それでも抜群のボール・コントロールで相手を崩し、勝利を勝ち取った伊達、やっぱり凄いわ。

そしてきょう。記念すべき40歳の誕生日のお相手はハンチュコバ。
かつて杉山とダブルスを組んでいたこともある、長身の選手。年齢差は13歳。

昨日の疲れは確実に残っていただろうに、やはりフルセットで見事に勝利。

厳密に言えばハンチュコバが第3セット途中で肩の痛みから棄権したのだけれど、伊達は昨日にもまして緩急のつけ方が絶妙で、前後左右に揺さぶって試合をコントロールしていたから、棄権がなくても勝てたんじゃないか?

年齢を重ねたことで、どこか余裕が感じられる伊達。
追い込まれても表情は変わらないし、以前のような悲壮感がない。
見事、と言うしかない。

ちなみに、WTAのランキングをちょっと調べてみたら、日本人最高位は伊達の67位。2番手は森田の98位。
日本人トップが伊達というのも悲しいものがあるけれど、100位以内に日本人が2人しかいないというのも、かつての隆盛はいずこ?という感じだ。

試合は明日も続く。

2日連続のフルセット、肉体的には相当キツイはずで、それをテクニックで乗り越えられるか?

頑張って欲しいものだ

|

« 沖縄のオススメCafe (9) ~ 番外編 てんtoてん ~ | トップページ | 鳶尾山 »

テニス」カテゴリの記事