« Doppelganger 203CR | トップページ | 裏磐梯 紅葉狩り »

2010年10月17日 (日)

三茶 de 大道芸 2010

天気予報がはずれてくれて晴れ。
三軒茶屋まで『三茶 de 大道芸 2010』の観覧に行って来た。

こんな不思議なパフォーマンスもあったが、これは一体なんだろう?(笑)

Sancha

今回のお目当ては毎度の加納真実、to R mansion、できればFunny Bonesもゆっくり見たいと思っていた。

Tor_01 to R mansionは新作!
最初のステージは少々硬い感じがしたが、2回目はウォームアップも済んだか、流れもスムース。やはり細かいところに凝っていて、さすがto R mansion。
ただ非常に残念だったのは、男性メンバーが1人退団していたこと。従って男1:女3の構成となり、演目もかなり限られてくるのではないかと思う。少なくとも名作「シネマ・チェイス」はもう観られないだろう。これは非常に残念なことだ。

Tor_02 Tor_03

Kano07 加納さんはいつもどおり。
そろそろ新作が観たい。
準備運動はいつも違うパターンで楽しいのだが・・・

Kano08

全体的に何か落ち着かない感じがした。
野毛や高円寺と比べると圧倒的に家族連れが多く、パフォーマンスと観客層がアンマッチのようだ。
そもそも加納さんやto R mansionの演目は小・中学生向きではない。
彼らの笑いのツボ、喝采のツボは小・中学生にはチト難しいだろうし、演じている方も辛いのではないだろうか?

そんなわけで少々消化不良。野毛や高円寺は来年も是非行きたいイベントだが、この三茶は今年限りで充分。
11月の厚木にチャレンジしたい。

|

« Doppelganger 203CR | トップページ | 裏磐梯 紅葉狩り »

趣味」カテゴリの記事