« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

大晦日

2010年もいよいよ最後

仕事納めの日まで来客があり、最後の最後までごくごく普通の仕事日

なんとも奇妙な年末で、気持ちの上でも“締め”ができない、なんとも尻のすわりの悪い年末だった

休暇に入ってからは天気がハッキリしないこともあって、「年内に高尾」のつもりも実現できず、近場で買い物などをして過ごした

自転車のパーツを買いに行ったり、自作したりと、そんなことをしていたらあっという間に3日が過ぎ、きょうに至っている

来年はもう少しまともな一年にしたいが、職場環境は確実に悪化する

兼ね合いをどう保っていくか、、、こんなことが一年の行き先を左右する鍵となりそうだ

|

2010年12月26日 (日)

新車!

Manhattan_01

Manhattan m451R

本日納車された新車である。

これで5台目のミニベロ。
とは言っても、2台は買い手が見つかって、偶然にも今日が受渡し日。
おそらくもう1台手放すことになるだろうから、最終的には2台に落ち着く予定だ。

そうなると、我が家には小径20インチのドロップハンドルが2台ということになる。

それにしてもこのバイク、なかなかカッコイイ。

フレームも細く華奢な感じがするが、全てにおいて本格的なロードの匂いがする。

残念なのは、このバイクがワタシ用ではない事、ワタシのバイクよりも高価なことだ。

|

2010年12月25日 (土)

クリスマスイヴの東京タワー

飛び石連休の狭間、クリスマス・イヴに東京タワーを観に行った。
もちろん会社帰りである。

イルミネーション前のタワーを、増上寺境内と芝公園から撮影してみた。
6時半になるといったん全ての照明が落ちて、いよいよイルミネーションスタート。
最初は足元から銀色の光が激しく点滅。

Tower01

展望台にハートマークが点灯、上半分と下半分にそれぞれ色がつき、

Tower02

何度かその動きが繰り返された後で、最後はグラデーション。

Tower03

接近して見るのも迫力があるだろうが、全体像はわかりにくい。むしろちょっと距離をとって全体を見渡せた方がよりキレイに見える。

Tower04

タワー脚部は水族館や飲食店、土産物屋が軒を並べ、それは凄い人出だった。展望台へのエレベーターにいたっては長蛇の列・・・

Tower05

ところが、少し離れた公園は混雑も全くなく、ゆっくり見物できる。

それにしてもこのハートマークは安っぽくていただけない。無理にやる必要もないのに・・・

もしかすると、おそらく初めての東京タワー。意外と面白いものだ。

|

2010年12月20日 (月)

品川パシフィックホテル

101216_aes

品川駅前のパシフィックホテル

客室の窓を利用した文字のイルミネーション

樅ノ木まであしらうとは、なかなか粋な演出だ

しかしこのホテル、今年の9月末をもって閉館したはずなのだが・・・
閉館したからできたのか?

理由はともあれ、忘年会シーズンの夜に、ちょっとしたアクセントとなっている

|

2010年12月19日 (日)

箱根明神ヶ岳 トレッキング&野鳥観察

少々出遅れ気味だが、11月27日、箱根に行ってきた記録。

箱根までのルートで迷ったが、結局迂回ルートを選択。
始発に近い電車に乗ってまずは小田原まで。そこから伊豆箱根鉄道の大雄山線に乗って終点まで。

既に、見るからに同じ場所を目指している人たちがチラホラ・・・

この路線はもちろん初めて乗るわけだが、沿線はのどかな田園風景とは行かず、小田原が近いせいもありそれなりの住宅街で、車窓からの風景はそれほど珍しくもなく風情もない。

101127_01 終点大雄山駅からバスで終点の道了尊で降りると、曹洞宗の古刹「大雄山最乗寺」山門前に到着。
鬱蒼と茂った杉の巨木群が古刹の雰囲気を醸し出している。

登山ルートはここからだ。登山と言っても軽登山ではあるが、少しばかりワクワクする。

木々が鬱蒼と茂っていて薄暗い森の中を黙々と進む。わかりにくい道ではないが、石や根が突き出た道は、それなりにしっかりした靴でないとツライ。

バスで一緒だった人たちも自然とばらけて、前方後方にチラホラ人影が見える程度。
直射日光を浴びているわけでもなく、11月だと言うのに、登りの連続で汗ばんでくる。息が荒くなってくる頃に、まるで見透かしたように平坦な道に出る。

ホッとするひと時だ。

101127_04

101127_03 途中、残骸のような鉄塔が数ヶ所で見られるが、これもその一つでウインチの残骸だ。

果実のような農作物の運搬用かと思ったら、聞くところによると観光客用に計画されたまま打ち捨てられたものだと言う。

そんな人工の遺物を横目で見ながら、視界が開けた道を歩く。左手の眺望はなかなか見事で、相模湾と小田原市外が一望。

そこからまた黙々と登り道。最後の急坂を登りきるとそこは「頂上」というよりも、はげ山。

101127_05

おまけに吹き飛ばされそうな強風で、景色を眺める余裕もない。大袈裟ではなく油断すると危険、小走りで風が多少遮られる場所まで逃げると、そこに不思議な木彫りの仏像・・・
これは全く意味不明だが、慰霊でないことを願う。

101127_06

それにしてもここからの富士山は絶景。手前は金時山だろうか?

101127_07

ここからは一気に下り。それも場所によってはかなりの急坂。下りだというのに汗だく。

101127_bird 途中、茂みの中で際立った色彩の鳥を発見!興奮気味にシャッターを押したが全て失敗。後日調べてみると、ソウシチョウというらしい。所謂『籠抜け鳥』で、その意味ではあまり歓迎されない類と言うことになるだろう。確かに枯れ色の環境で異彩を放つ色彩、不自然と言えば不自然だった。

さて、頂上~中腹では紅葉は既に終わりに近づいている。登山道も一面落ち葉だらけだ・・・

101127_06a

それでも麓ではまだ紅葉がキレイ。辿りついた終点は、強羅駅の真裏。

101127_06b

101127_06c

そこから一気にケーブルカー、ロープウェイを乗り継いで湖畔まで行き、何もしないで大平台まで戻った。101127_08_2

ロープウェイからの眺めはとても気持ちよく、眼下の大渋滞も対岸の火事(笑)

今夜の宿は大平台の鄙びた旅館。一日酷使した体に温泉がすこぶる気持ちよい・・・

翌日も快晴、大平台からバスで元箱根まで行き、そこから徒歩で湖畔を歩く。駒ヶ岳の頂上もすっきり!

101127_09

駒ケ岳ロープウェイに乗って、即下山、バスで湯本まで下り、無事帰宅。

101127_10

時間がなかったので駒ケ岳山頂で何もできなかったのが少々心残りだが、箱根もルートによっては充分楽しめることがわかった。

101127_map

|

2010年12月17日 (金)

横浜

今日突然思いついて、会社の帰りに横浜まで足を伸ばした

なんとなく夜景を見たかったからだが、元町を歩き、mashでコーヒーを飲み、山下公園から臨海地区を歩いて桜木町に出た

101217yokohama_01

昨年も11月と12月にこの界隈を歩いたが、昨年と比べると拍子抜けするくらい“普通”

101217yokohama_02

クリスマスまであと一週間だというのに、イルミネーションは昨年よりも地味

101217yokohama_03

これも予算縮減と言うことなのだろうか?

101217yokohama_04

とは言え、このエリアはいつまでも好きな場所

101217yokohama_05

あまり華美になって人だらけになるよりはイイ

|

2010年12月13日 (月)

沖縄のオススメCafe (11) ~ 番外編 波止場食堂(西表) ~

今回も番外編、またそば屋である。

西表は上原港のそばにあるそば屋、『波止場食堂』

上原港正面にあるデンサー食堂と違い、ちょっと奥まった路地にあるので、かつ、とても独創的な構えなので、観光客はまず来ない。

なんともいえない雰囲気を醸し出している店、そしてそれと同化したような小さいおばあ、他ではなかなか見られない濃厚なスープの沖縄そば。

おばあの気が向いた時には、その辺の原っぱで採って来たと思われる名前もわからない野草の和え物(?)を出してくれる。

最初はおっかなびっくり(笑)だが、これが意外にかなりの美味。

笑わないくせになぜか笑えるおばあ、麺がなくなったと言って、近くのスーパーに客を残したまま買出しに行く・・・

離島ののんびりムードが味わえる、抱腹絶倒の店

沖縄県八重山郡竹富町字上原531  不定休 麺がなくなり次第終了

|

2010年12月 8日 (水)

今夜の風景

今日の最後の仕事は銀座。

仕事を終えて、クリスマス気分の夜の銀座を歩いた。

有楽町駅周辺は、丸の内側はともかく、銀座側は以前はすすけた感じがしたものだが、イトシアができてからは明るく洒落た印象になった。

地方色たっぷりだった交通会館もこの通りのイルミネーション、通行人が何人も写真を撮っていた。

Yurakucho_3

さて、我が家のガジュマル、今年の夏も元気に生育し、また一回り大きくなったのだが、ベランダに置きっぱなしではやはり気温の低下とともに元気がなくなってきた。

黄色く変色する葉も増えてきてかわいそうになってきたので、今年もまた冬の間は室内に避難させることに。

Gaju_20101208

それにしてもデカイ・・・

|

2010年12月 4日 (土)

目黒川「桜並木のイルミネーション」

今年初のイルミネーション撮影。

昨年のこの時期、精力的に夜景撮影に出かけたが、その結果の印象は「どこでも大差はない」

ビル街や街路樹を電飾する限り、そこに大きな差はないし、差別化をしたいあまりに装飾が過激になるばかりで、そんなイルミネーションはただうるさいだけ。

そんなわけで、今年はどうしたものかと考えていたら、品川区の目黒川沿いでイルミネーションが始まったと言う。

目黒川沿岸は桜並木が続いていて、春はことのほかきれいだ。
これをイメージして、“冬の桜”と称してイルミネーションで飾ると言うことらしい。

点灯式が正に昨日。
Meguro_01 2日目の今日はまだ人出も多くないだろうと踏んで、17時半に現地に到着したが、肝心のイルミネーションは消えたまま。
時間を間違ったかとも思ったが、既に暗くなっているのに転倒していないと言うのは明らかに妙だ。

結局、装置故障だったらしい。点灯したのは18時半だった。

実は、この沿道で高校時代のクラブの先輩にバッタリ!
数年ぶりの再会、奇遇とはこのこと。
お茶を飲みながら懐かしい話に花を咲かせ、今日は無理かと待つともなく待っていると突然点灯(笑)

Meguro_02_2

Meguro_03  オープン2日目でトラブルとはなんとも不運だが、点灯してみれば、桜並木に配された他とは違うピンクのLEDが、川面に映し出されそれなりにキレイ。

先輩との思わぬ再会もあったし、今年最初のイルミネーションとしてはまずまずといったところ。

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »