« 自転車小物、増殖中 | トップページ | 鳥見・山中湖~ルリビタキ・ヒレンジャク~ »

2011年1月28日 (金)

Doppelganger 203CR その後

Doppelganger 203CR

Dpg_01

スタイルとカラーリングはとても気に入って、輪行用として購入した203CR。

ところが、肝心要の“走り”がどうしても我慢できず、結局売却。
手頃な価格と独特のスタイルで、そこそこ人気はあるようで、おかげさまでスムースに買い手が見つかった。

そもそもの入手の動機は、Bianchi minivelo 9を分解することに一抹の不安があったから、である。
折りたたみ自転車であるから、輪行は至極カンタン。

しかししかし、どうしても走行性能が気に入らない。とにかく遅い、スピードが出ない。思ったほど低速ギアでの登坂能力も高くない・・・とあって、輪行2回でほとんど乗らなくなってしまった。

購入2ヶ月で手放す意志を固め、準備・手続き諸々あれど3ヶ月で“おさらば”となったのである。

しかしそのおかげで、Bianchi minivelo 9を分解する決心がついたというのも事実だ。

真剣に、前輪・後輪の外し方を覚え、輪行バッグも買い換えた。(実はドッペルギャンガー用の輪行バッグも売り払った)
手際よく収納、組み立てができるよう練習もしたし、車体を傷付けないため、汚さないためにに何が必要か、色々調べてみた。
必要なもの、あれば便利なもの、それなりにわかってきたし、道具は単に購入するだけでなく自作できるものは自作してみた。
この過程も実に楽しいものだ。

やってみなければわからないこと、使ってみなければわからないことは沢山ある。
そのために必要な授業料と考えれば、それほど高いものでもなかろう(実際、それなりの値段で売却できたわけだし)。

それにしても、やはりある程度価格に比例するものだ。

ドッペルギャンガー203CRは乗っていても全く楽しくなかった。
Bianchi minivelo 9は購入してから既に1年が過ぎたが、今でもこいでいるだけで楽しいのである。

しばらくは浮気をするな、と言うことなのだろう。

|

« 自転車小物、増殖中 | トップページ | 鳥見・山中湖~ルリビタキ・ヒレンジャク~ »

自転車/サイクリング」カテゴリの記事