« 稲取 雛のつるし飾り | トップページ | 原発 »

2011年3月11日 (金)

地震

午後3時頃、打合せをしていると突然の揺れ

これまでなかったような長く激しい揺れ

外に出てみると、不安そうにビルを見上げる人々・・・

その後のことはニュースで報じられている通りだ

家族へなかなか連絡がつかず、唯一の連絡手段はメールのみ

そのメールですら数時間レベルの遅配

最終的に家族親戚の無事は確認できたが、それまでは連絡がつかないことの不安や断続的に起こる余震で、仕事が手につかない状況が続いた

一番早く連絡がついたのは沖縄に行っている娘で、彼女を起点にして都内近郊の家族の状況がわかったというのは、皮肉としか言いようがない

夕方、幹線に面している会社の窓から外を見れば、既に歩道は正に難民の群れのような人々がぞろぞろ歩いており、車道は上下線とも大渋滞

会社からも、歩いて帰れる者は帰宅せよとの指示があり、人で溢れる国道沿いに歩き始めた

歩道も車道もとにかく渋滞、信号も何もほとんど機能せず、車道にまで人が溢れている

バス停には長蛇の列、しかし大渋滞でバスはいつ来るかわからない

携帯が麻痺し、公衆電話も長蛇の列

携帯に依存した現代の脆弱さを象徴するような図

それにしても、直線距離でおよそ11kmも歩いてみれば2時間半

これは相当応えた

最後は文字通りへとへとで足も上がらない状態に

たかだか10km程度の距離でこのざま

捻挫が完治していないとか、長距離歩く靴ではないとか、口実は色々あれど鍛錬不足であることは間違いない

人間、最後は体力

手遅れにならないうちに鍛えなおさなければ、と痛感した一日

それでも家族全員無事であったこと感謝

東北では多くの人が被災し命を落としているのだから、足が痛いくらいなんでもないことなのだ

これからさらに広がるであろう被害の状況と、復興までの道のりを考えると、言葉を失うばかりだ

|

« 稲取 雛のつるし飾り | トップページ | 原発 »

ニュース」カテゴリの記事