« 地震 | トップページ | 震災に思う »

2011年3月13日 (日)

原発

大地震から3日目

目を覆わんばかりの被害状況が続々と明らかになってきた

地震に加え強大な津波が被害を拡大させ、悲劇を倍加させているところに、福島原発の事故

腹立たしいのは、案の定の“情報の秘匿”だ

危険な状態であることは察知できたはず、専門機関であれば察知しなければいけないはずなのに、記者会見での発言は切迫感のない要領を得ないものばかり

結果、遂に住民が被爆した

原発は安全か否か、もとい、原発がなければ電力供給に齟齬をきたすのか?

そもそものエネルギー政策を見直すべきだろう

これまでは、国と電力会社は「原発ありき」で政策を進め、知らず知らずのうちに電力依存の生活になるよう仕向けてきた

「オール電化」などというふざけた生活スタイルは、正にその象徴だ

原発は化石燃料に比べてクリーンであるというのも、虚構に過ぎない

オール電化だけでなく、電気自動車、電動自転車など今話題となっている製品群も、環境にダメージを与える現場が直接目に触れず罪の意識が希薄になるというだけで、正に「臭いものに蓋」をしているだけで、エコなどとは程遠い

火力発電も威張れたものではないかもしれないが、水力・風力・太陽光・地熱等々の方法で生産される電力では本当に不足するのかどうか、真剣に検討すべきだし、何より、電力に依存しすぎない生活スタイルを考えるべきだろう

原発推進側は資金力にモノを言わせ、有名人を旗振り役に立てたりして宣伝に躍起だが、原発は必要、原発は安全などという欺瞞はそろそろ止めるべきだ

|

« 地震 | トップページ | 震災に思う »

ニュース」カテゴリの記事