« 山歩き(4)~浜石岳~ | トップページ | 輪行~湘南 »

2011年5月12日 (木)

書評-『沖縄苗字のヒミツ』

4月20日のこの欄でも紹介した2冊の沖縄関連書籍

そのうちの2冊目『沖縄苗字のヒミツ』を読み終えた。

Okinawa_myoji

結論から言うと、かなり堅い真面目な本。

沖縄固有の珍しい苗字の由来などを紹介する内容かと期待して購入したのだが、ちょっと違う。

無論その部分にも触れてはいるのだが、この本の主題ではない。

沖縄に何度も通っていると、特有の苗字の多くが、地名にも存在することに気付く。

集落の名前が苗字に転化されたのだろうか?という程度は素人でも想像が付く。

そしてさらに、「中田」ではなく「仲田」、「前田」ではなく「真栄田」などなど、“内地”と同音“異字”の苗字が多いことにも気付く。

これは薩摩の琉球統治策として、「やまと」と同じ文字を禁止したためだと何かの本で読んだことがある。今までこの説を鵜呑みにしていたが、この本では、その史実は認めているものの、その効力についてはまだまだ検証の余地があると述べている。

ほかにも、「金城」は「かねぐすく」か「きんじょう」か、などの読み方の考察も深く行っており、興味深い。

著者は、このような文字替え、読み替えは薩摩の政策の影響も認めつつ、沖縄人自らの意志による部分もありそうだと述べ、その根拠として江戸から近代に至る時代背景を分析している。

書籍タイトルから期待していたものとはダイブ内容が違う。書店に並んでいて手にとることができたら、多分買わなかっただろう。

幸か不幸か書店で見つけることができず、ネットで注文したからこそ読めた本だ。

最近は「活字」と言えば、アウトドアや自転車の雑誌やムックばかりで、この手の極めて真面目な書籍は読了するのにえらく時間がかかる(笑)

しかし、読んでみた結果は○である。

苗字にまつわる考察の過程であぶりだされる、「沖縄」の常に微妙な立場、先人の苦労や苦悩・・・

深い深い意味があったことを思い知った。

沖縄好きの人全てにオススメ、と言うわけには行かないが、文化や風俗を違った角度から考えてみるにはなかなか良い本だ。

|

« 山歩き(4)~浜石岳~ | トップページ | 輪行~湘南 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

まひる様

コメントありがとうございます。
この本、かなり堅い本です。でもある意味、オススメです。「沖縄」の背負っているものが見えてくる感じがします。
ネットならすぐ探せるでしょう。

投稿: 管理人 | 2011年5月27日 (金) 22時27分

初めまして今晩はo(_ _)oペコッ
広場から参りました。

何かこう、興味深い本ですね^^気になりますねw
入手したくなりました♪

お邪魔致しました^^/

投稿: まひる | 2011年5月27日 (金) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評-『沖縄苗字のヒミツ』:

« 山歩き(4)~浜石岳~ | トップページ | 輪行~湘南 »