« 書評-『沖縄苗字のヒミツ』 | トップページ | LED電球 »

2011年5月15日 (日)

輪行~湘南

久しぶりの晴天の週末。

土曜日はテニスに興じ、きょうは逗子~茅ヶ崎を自転車で走った。

新逗子までは電車、そこから海岸沿いを茅ヶ崎を目指して走る。

逗子マリーナ、材木座までは何気なくアップダウンが激しい。

逗子マリーナの一帯は異国情緒、湘南のイメージとはまた違う雰囲気だ。

Shonan01

材木座の海岸は最初に視界が開けるところで気持ちが良い。既にかなりの人が海に出ていた。

Shonan02 Shonan03

さらに一山超えて稲村ヶ崎。ここからは富士山が正面に見ることができる。

そこからは比較的平坦な道となるが、時間の経過とともに人もクルマも自転車も多くなってくる。

江ノ島に到着した頃には駐車場に長いクルマの待ち行列、参道も人がいっぱいで見ただけでうんざりし、人が少ない堤防に出て休息。

Shonan04

性懲りもなく愛車Bianchi minivelo-9の写真を撮る。

早々に江ノ島を辞して再び国道へ。沿線は既に人だらけ。交通量も多く、辻堂エリアからは海岸線のサイクリングロードを走る。

ところがこのサイクリング・ロード、ところどころ砂に埋もれていて、自転車は事実上走れない。のんびり走ろうにも歩道は路面が悪く極端に狭い・・・

というわけで海沿いながら砂防林で海は全く見えない車道をひた走る。

信号の間隔が長く、江ノ島を通過すると交通量は目に見えて減るので、それほど走りにくいことはないのだが、陽光にきらめく海を眺めながら・・・なんて絵は夢の話だ。

Shonan05

海岸で弁当を食べ、茅ヶ崎界隈をウロウロ走り、最後は茅ヶ崎から川崎まで電車に乗って帰ってきた。

海を見ながら爽快に走るのであれば、早朝、江ノ島までのエリアに限定される。

葉山~逗子はアップダウンもきついので、トレーニングには良いが、お気楽なサイクリング向きではないだろう。

自転車で気持ちよく走れる場所と言うのは、なかなかないものだ。

走行距離は約30km。富士山がよく見えた一日だった。

|

« 書評-『沖縄苗字のヒミツ』 | トップページ | LED電球 »

自転車/サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/51680995

この記事へのトラックバック一覧です: 輪行~湘南:

« 書評-『沖縄苗字のヒミツ』 | トップページ | LED電球 »