« LED電球 | トップページ | オーバーホール »

2011年5月21日 (土)

能天気

中国の温家宝首相、韓国の李明博大統領が訪日し、被災地を訪問したようだ。

TV報道が全てではないが、これほどまでにお気楽に報道しなくてもよいのではないか?

この2人(2国というべきか)が純粋に慰問の心で被災地を訪問したとは思えない。

3・11以降、この2国は頻繁に日本領空領海周辺を偵察している。震災や原発事故の被害状況を調査するためである。

さらに韓国は「独島(韓国名)領土守護対策特別委員会」のメンバーである国会議員たちが国後島を訪問する計画らしい。

これは竹島を自国領土化したい彼らが、彼ら同様、なし崩し的に国後島を実効支配しているロシアの現状や対応策を調査するのが目的だという。

当然、その調査結果は、自国の独島問題に活用したいのだろう。

誰がどう見ても、今のニッポンはかつてないほど弱りきっている。

震災だけでも甚大な被害なのに、そこにチェルノブイリ以上の原発事故、さらに最悪な政治・閣僚・官僚・・・

一気呵成に攻め立てるなら、千載一遇の機会ではあるだろう。

そんな状況下での訪日である。

何かあるんじゃないか?と思うのは当然だ。

|

« LED電球 | トップページ | オーバーホール »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事