« 充実野菜 ≪沖縄限定≫ | トップページ | 山歩き(5)~幕山(湯河原)~ »

2011年6月 5日 (日)

湯河原ほたるの宴 2011 +真鶴岬ハイキング

昨日、昨年に続き『湯河原ほたるの宴』に行ってきた。

当たり前の話、ホタル鑑賞は夜から。
そこで、それまでの時間を真鶴半島のハイキングに充てた。

Manaduru00

半島と呼ぶのを憚るくらい小さな突端だが、起伏がありちょっとした森がある。
季節によっては、渡り鳥の中継(休憩)地点となり意外な野鳥が見られたりする。
今はちょっと外れの季節なので大きな期待はせず、何か見られれば、という程度で臨んだ。

「中川一政美術館」からスタートし、森林浴散歩道~番場道遊歩道~潮騒遊歩道~ケープ真鶴、往路はその場の気分で・・・というコース。

Manaduru01 森林浴散歩道の入口はすこぶるわかりにくい。
バス停「中川一政美術館」の手前の駐車場の前に、立札。

Manaduru02_2

歩けばこんな感じで、ハードではない。スニーカーで充分だろう。

森林浴散歩道から番場道遊歩道へは車道を横断するが、入口は若干ずれているので注意が必要だ。
そこから先は迷う要素もなく、終点の海岸まで降りられる。

Manaduru03

Manaduru04 Manaduru05

番場道遊歩道の終点に到着すると一気に視界が開けて爽快。左手に遊歩道が続き、これが潮騒遊歩道だが、最初の曲がり角を抜けると、沖合い正面に『三つ石』。
この風景はなかなかの風情。

Manaduru06

ケープ真鶴の先端から眺める真鶴半島の本当の先端。そこに三つ石がある。
ちなみにここからは初島も見える。空気が澄んでいれば大島も見えるらしい。

このケープ真鶴は早い話が町営の土産物屋。眺めの良さ以外に特筆すべきことはない。

Manaduru07 そこから少し車道を歩いて御林散歩道に入り、森林浴散歩道を抜けてスタート地点に戻った。(地図上の黒い点線)
この御林散歩道は鬱蒼とした、水分の多い林と言う感じ。いたるところに苔が生えている。

バス停まで戻ったついでに、その先の「おはやし展望公園」にも寄ってみた。
芝生が広がって開放感があり、先端は崖の上で眺めも良く、人も少ないのでのんびりできる。
意外とオススメかもしれない。

バスで真鶴駅まで戻って湯河原へ。夜になるのを宿で待って、ホタルの宴の会場である万葉公園に出かける。

昨年も会期のはじめ、今年も初日。
しかし、残念ながら昨年ほどのホタルは見られず、ごくわずかの明滅を見るだけにとどまった。

Yugawara01

ホタルがよく見られる条件は、風がなく蒸し暑い夜だそうだ。

その点、土曜日は夕方までちょっと風が強かったし、そのせいか気温も充分に上がらなかった。
シャッタースピードを「15秒」と最大にし(私のコンデジは「バルブ」ばない!)、三脚まで使ったが、これが精一杯・・・
昨年の出来と比べるとかなり見劣りがするが、自然を相手にているので、まぁ、これは仕方ない。

Yugawara02

宿の話、翌日のトレッキングの話はまた後日(笑)

|

« 充実野菜 ≪沖縄限定≫ | トップページ | 山歩き(5)~幕山(湯河原)~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

野鳥・自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯河原ほたるの宴 2011 +真鶴岬ハイキング:

« 充実野菜 ≪沖縄限定≫ | トップページ | 山歩き(5)~幕山(湯河原)~ »