« キリンカップ 日本 vs ペルー | トップページ | 充実野菜 ≪沖縄限定≫ »

2011年6月 2日 (木)

携帯電話で脳腫瘍?!

既に「ニュース」ではなくなっているけれど、、、
5月31日、世界保健機関(WHO)が、携帯電話を長時間使用すると、脳腫瘍のリスクが高くなると発表。

もう少し正確に書くと、WHOの中の国際がん研究機関(IARC)という組織が発表したものだが、その内容は、携帯の電磁波を、発がん性のリスクのグループ「2B」(=人に対する発がん性が疑われる)に指定した。神経膠腫と呼ばれる悪性脳腫瘍のリスクが高まるというもの。

2Bは5段階に定義されている発がん性リスクのうち3段階目。
今回の発表は、携帯電話ユーザーと神経膠腫と間に何らかの因果関係が見られるということらしい。

これが本当なら、特に若年層からやられていくだろう
ということは、日本は滅びる・・・

これで即どうのこうのということではないかもしれないが、すかさず総務省がこれを否定するような見解を発表したのには、「やっぱりな」と言う感じだ。
すぐに人体に影響があるものではない式のコメントは、ここ2ヶ月半で聞き飽きているし、鵜呑みにするほどお気楽でもない。

データは嘘をつかないかもしれないが、そこから引き出される見解は何らかの意図が絡むことはよくあることだ。
「真実ではないかもしれないが嘘ではない」という微妙な言い回し。
それを見抜く洞察力を養わなければいけない、とはごもっともではあるけれど、そう簡単ではない。
いくつもの解釈が可能な変な言い回しは、無用な混乱を引き起こす元にもなる。

そろそろ、冗長な言い回しは止めて、真実を端的に語れないものだろうか?

|

« キリンカップ 日本 vs ペルー | トップページ | 充実野菜 ≪沖縄限定≫ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/51838429

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話で脳腫瘍?!:

« キリンカップ 日本 vs ペルー | トップページ | 充実野菜 ≪沖縄限定≫ »