« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月26日 (火)

ドライ素材

「DRY」とうたわれるシャツ、今年の夏は特に目立つ。
仕事用のワイシャツまで「DRY」がブームだ。

そもそもこのドライ素材、速乾が最大の売り。
汗を素早く乾かす必要があるスポーツウェアにおいて発達してきた。
古くから、登山家たちは綿素材のシャツは着なかったと言うが、それは綿だと汗が乾く前に冷えてくる、所謂「汗冷え」を避けるためだったそうだ。
冬山などは体温の低下は命取りになりかねず、この汗冷えは大敵。

また、スポーツにおいても、汗でウェアが張り付く不快感ばかりでなく、張り付くことで汗の蒸発が阻害されることによる機能低下が問題となるわけだ。

難しい薀蓄はともかく、汗をかいても張り付かないというのは、些細なことかもしれないが快適だ。

その昔、某アパレルチェーンから発売された「DRY」素材のTシャツを買ったことがあった。しかしコレは大失敗。
速乾以前に肌触りが最悪で着ていられないほどの代物。加えて、言われるほどの速乾性も感じられなかった。
そして去年、いい加減に技術も進歩しただろうと、よせばいいのに安さに負けて「ドライカノコポロシャツ」とやらを購入。またしても大失敗。肌触りも速乾性も「安いんだから文句言えないでしょ」と言われているような品質だった。

以来、このメーカーのDRYは全く信用していない。

Dry_shirts さて、そうは言ってもスポーツメーカー各社からドライ素材のシャツはわんさと出されている。
テニス用に数着持っているが、これらは総じて着心地もよく、真夏のテニスでも1枚のシャツで通せるくらいの性能だ。

以前は、とにかく化繊を徹底的に忌避しており、普段着もテニスでも綿一筋。
だから夏のテニスなどは着替えを3~4枚用意していたものだ。

ところが今は、基本的に着替えなし。着替えを用意していくのは、長時間の場合や自宅から離れたところの場合だけ。

山歩きでもサイクリングでも、ドライ素材のモノを着ている。

今や、化繊というだけで忌避する理由にはならないことを我が身で実証してしまった格好だ。

そこで今年の猛暑、いよいよワイシャツも「DRY」にしょうかと、目下鋭意検討中なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

宮古島の写真

とにかく膨大な写真を撮ったので、整理も一苦労。

7/20の掲載分と重複するものもあるが、webalbumにアップした。

上野ドイツ村ダンケ・フェスト(偶然、滞在期間中にこのイベントに遭遇。下地勇と砂川恵理歌が出るというので出かけた)

来間島(初日に行ったのだが、とにかく圧巻の景色だった。天気が良かったのが幸いしたと思われる)

池間島(大神島の帰りに撮影。こちらも絶景)

ムイガー(今まで知らなかったが、雄大な絶壁からの眺望と、その崖下の湧水。伊江島を思い出す)

大神島(神聖な神の島。部外者立ち入り禁止の場所も多い。それにしても美しい島だ。)

ダイビング(八重干瀬。今回は正直、不発)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

ご当地ドリンク

一風変わった清涼飲料

Shizuoka_cola 先月湯河原に行った時に見つけた、その名も『しずおか茶コーラ』
なんとも安易で、ありがちなネーミングだ。
面白そうだから飲んでみた・・・

う~~ん、、、微妙だ(笑)

まぁ、予想通りというか、抜群に美味しかったらつまらないだろうし。
でも、話のネタになることは間違いない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それから『沖縄塩サイダー』

Shiosaida 沖縄の塩は一つの特産品として徐々に知名度を上げているが、その塩を加えた点を“売り”にしようというのだろう。
パッケージは紅型を連想させ沖縄っぽい。
しかし味の方はそれほど特徴がない。塩もあまり利いていない。塩味が強かったら、それはそれで売れないだろうし、ここはなかなか難しいところ。

いずれにせよ、もう少し頑張らないと、『伊江ソーダ』を超えることはできないだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Salt 最後は、地域発信ではないが、新しい商品が出るたびに試している「キリン 世界のKitchinから」シリーズの『ソルティ・ライチ』

偶然にもこれも「沖縄の塩」入り。
ところが皮肉にもこっちは確かに塩の味がする。
汗をかいた体に、というのがうたい文句のようだ。

ライチのジュースが嫌いでなければ、なかなか良いかもしれない。
個人的には、もう少し甘さ控えめだと嬉しいが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

宮古より帰還

台風6号の進路とにらめっこしながら、宮古に行き今夜無事帰還。

とりあえず宮古は直撃されずに済んだものの、九州・四国の被害を見ると、無事に帰って凝れたことが奇跡のように思える。

さて、初日は海にも行かず島内をドライブ。チリチリと焼けるような陽射し、来間島からの眺めはこの通りの絶景だ。

0714_kurima_01

写真を何枚撮っても足りないくらいの、溜息が出るような眺め。

0714_kurima_02

ならばもう一つの池間島周辺も素晴らしかろうと、西平安名崎を目指す。

0715_ikema_01

0715_west

2003年の宮古島台風で見るも無残に倒壊した、西平安名崎のシンボル、風車も復活していた。

これは素直に嬉しい。西平安名崎はこうでなくては。

2日目もダイビングはせずに、大神島に船で渡った。「遠見台」というこの島一番の高台に登ると、文字通りの360度の眺望、向こうに見えるのは池間島である。

0715_ohgami_01

ここの海もとてもキレイで、堤防から小魚の大群が見え、シュノーケルでコレだ。

0715_ohgami_02

0715_ohgami_03_2

3日目はダイビング。池間島の沖合いにある「八重干瀬(やびじ)」という巨大なサンゴ礁まで。

0716_yabiji_01

0716_yabiji_02 0716_yabiji_03

天気も良く、海中に太陽光が入り美しい。

旅行期間中、「ドイツ村」という施設で野外コンサートがあると聞き、海から上がってクルマを走らせる。

宮古出身の下地勇、砂川恵理香のコンサート。

0717_ueno_01 0717_ueno_02

0717_ueno_03

そして最後は花火と言うおまけ付き。

盛り沢山の旅行となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

山歩き(6)~高尾山<結婚記念日トレッキング>/(7)~高水三山

先日の週末、結婚記念日。
子供たちも家を出てしまっているので、自分たちで祝わなければ何事もない普通の休日になってしまう(笑)

というわけで、高尾山から夜景を見ようと、夕方5時から登り始めた。

Takao_01

こんな感じの薄暗がりの中を黙々と進む。険しい道ではないけれど、やたら湿度が高くてじっとり汗、首から下げた手ぬぐいが濡れたまま山頂到着。

Takao_02

いつもはうんざりするような高尾山だが、さすがに夕方ともなると人がいない。
山頂で軽食、下山開始の頃は真っ暗。頭にライトを着けて歩く。

Takao_03

下界を眺めると、曇りながらも辛うじて夜景、節電ブームの影響でちょっと淋しいが・・・
(ISO感度を上げて撮影)

高尾山口駅前に帰着したのは9時過ぎ。

で、翌日は奥多摩。
高水三山という文字通り3つの山を縦走。・・・と言っても一番高い山でも793m(笑)。ちょっとハードな山歩きといったところ。

Takamizu_01

最寄り駅から登山道入口までの道中、ねむの木が満開。久しぶりに見たので思わず撮影。

Takamizu_02

比較的楽なコースのはずだが、途中にはこんなハードな箇所も。

Takamizu_03_2

で、無事三山踏破して下山。
きょうも汗だく。

汗みどろの週末だった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

モンステラ、がじゅまる

我が家にあるモンステラとがじゅまる

モンステラは、その葉の形状が南国ムードなので購入したのだが、なぜか我が家のモンステラは葉に穴が開かず、いまやただの芋の葉っぱ(笑)

Mon それでも季節が変われば根元から新しい茎がにょきにょき出始め、その先端には新しい葉が丸まって付いている。
今年も数本の新しい茎が芽を出した。
今年こそ、綺麗な穴が開いて欲しいものだ。

大きくなりすぎてとうとうベランダに出されたがじゅまる。
南国の木だから、冬場はおとなしい。
それが暑くなってくると、新芽が続々と出始める。

Gaju01_2

既そこそこ大きくなったものもあるし、1~2日前に発芽したと思われる小さなものまで、実に大量の新芽。
今年もこれから枝振りを大きくしていくのだろう。

Gaju02_2

根元をアップにすると、それなりの古木の風情だ(笑)

しかしもうこれ以上大きな鉢は無理だぞ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

喪に服す

金曜日の朝、会社の同期から突然電話が入った。
同期のJの奥方が亡くなった、と。

一瞬、言葉を失った。電話をよこした彼も、詳細はまるでわからないと言う。

その日の午後には人事部から通知メールが来た。
末尾には、「ご遺族のご意向により、お香典・ご弔問につきましては固くご辞退・・・」とあった。

Jは単なる同期と言うだけでなく、最初に配属された部門も同じ、当時の我が社では少数派で、正しく「同じ釜のメシを食った」仲だ。
その後それぞれ異動で離れ離れにはなったが、毎年の年賀状はいまだにやり取りしている。
今年の年賀状もいつもと同じだった。

時間の経過とともに徐々に事情がわかってきた。
奥方はガンで闘病の後、息を引き取ったそうだ。
会社の関係者のほとんどはこのことを知らされていなかった。

やはり心配になるのは「これから」のことだ。
彼には息子が二人、成人していたはずだが、下の子はまだ学生だったはず。

若すぎる死に、かける言葉が見当たらなかった。。。

そして、こういうことは重なるものか、同じく金曜日の夕方、高校時代の親友から電話。
同級生が今朝急逝したとのこと。原因は心筋梗塞。

我が母校は毎年同窓会が盛大に開催されているが、今年は我々の代が幹事学年。
地元に残った(戻った)連中は、その準備に何回も打合せを重ねている。
実は連絡をくれた親友も幹事、今回急逝したMも幹事で、しょっちゅう顔を合わせていたようだ。
Mは私とは同じ中学でもあり、野球部のエースだった。
体は人一倍頑丈だったはず。
それがいとも簡単にあっけなく逝ってしまった。
偶然にも通夜は同じ日になった。

なんとも「やりきれない」というか、気持ちの持って行き場がないというか、、、

ただただ二人の冥福を祈る・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

西表報告 その2~島・滝~

今回の西表訪問では、今まで行ったことがない所へ行こうと決めていて、
その一つが“パナリ島”

『神の島』とも呼ばれ、ジュゴン伝説が残る島だ。

島内には「御嶽」と呼ばれる神聖な拝所がいくつもあり、島外の人間は入れない・・・
ここまでは八重山の島共通のことなので驚きもしないが、いざ上陸してみると、拝んでもいけないという。

これには少々驚いた。
自分たちの神を気安く拝むな、と言うことなのだろう。もちろん写真撮影は禁止である。

確か、ジュゴンを祀った御嶽もあったはず。琉球王朝時代、供物だったジュゴンを供養するためだとか・・・

島内は人影もなく、それでいて手入れが行き届いていて、静謐な空気が流れている。

まさに、神秘の島だ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~

2つ目はマリュドゥの滝/カンピレーの滝

石垣から日帰り観光コースにも組み込まれている、超ポピュラーな観光スポット。

それだけに安直で俗っぽいイメージがあって、これまで避けてきたけれど、もともと「滝」が好き。
やっぱり一度は行っておこうというわけで、西表10回目にして初。

浦内川の観光船に乗って、終点からは徒歩。ポピュラーなお気楽コースと思いきや、前夜の雨のせいもあって足場が悪く、草が茂っている箇所もありで、サンダルやハイヒールで行ける場所ではない。

それでも朝一番の船に乗って大正解。ほぼ一番乗りで人気のない開放感を味わえた。

それにしてもカメラ、調子悪すぎ・・・(涙)

パナリ島

http://www.imagegateway.net/p?p=FzQ3FDdtPTL&t=ICw

マリュドゥ/カンピレー

http://www.imagegateway.net/p?p=DnYUuRs5nTA&t=ICw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

西表報告 その1~海の中~

いやはや、少々忙しく、先日の西表の写真の整理がまだ終わらない。

とは言え、今回は2日目からデジカメが変調をきたして、周辺が流れると言う妙な写真になってしまったり、全くピントが合わずにボケボケになったりで、まともな写真はそれほどない。

それでも性懲りもなく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

モノの寿命は一度にやってくる

西表から帰ってきてからというもの、東京の酷暑に打ちのめされ、おまけに週末にあるシステムの納品を控えているとなるとそれなりに忙しく、西表の旅行記も写真も全く手付かずの状態だ。

その旅行中、日常に不可欠なモノが壊れた、しかも2つ揃って。

まずはデジカメである。

永いこと愛用していた、今の主流機種からすれば恐ろしく野暮ったい、それでもマニュアル操作などもできて気に入っていた機種。

これが突如ピントが合わなくなった。正確に言うと、ごくごく一部にピントが合うこと「も」ある。仮にピントが合っても、その周辺は画像が流れる。まるで編集加工しているような仕上がり。無論、全面全くピントが合わないこともあり、まるっきり使い物にならない。

思うにオートフォーカス部分のセンサーがへたってしまったのだろう。こうなるともう為す術はなく、下手に修理するより新品を買ったほうが安いということになる。

デジタル機器の宿命だろう。

で、週末に山、2週間後に宮古を控えているので、至急調達の必要があって、連日ネットで探し回っていた。
20110630_01_2多少の妥協をしつつ、画素数よりも光学ズームと防水ケースの設定の有無で選択した機種、それがきょう届いた。同時に注文した防水ケースも、である。
やけに多機能で、マニュアルを読まないとダメっぽい。

早速試し撮り。カメラ本体は、ぶっ壊れたもののいまだに画像を記 録する旧機種で撮影。いかに重症かがこれでわかるだろう。

これからマニュアルと首っ引きだ。デジカメ買って初めての経験である(笑)

~~~~~~~~~~~~~~

次が時計。

NIKEの『TRIAX SWIFT』、これまた大のお気に入りで、オフはほとんどこれだった。

こちらはわかりやすく、ベルトが折れた。時計自体は全く問題ナシ。
それでもベルトが切れてしまえば着けられない。

20110630_03 西表から帰って、ベルトを糸でつないで見た。なんとか装着はできるが、いつ糸が切れるかわからない状態。
こちらも早晩買い換えなければ・・・

偶然にも、これら2つとも2007年購入だった。これが妥当な寿命なのか、短命なのか・・・

それにしても出費がかさむ話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »