« かりゆし58ベスト | トップページ | ここ数週間のniftyとの攻防~決着 »

2011年8月30日 (火)

ここ数週間のniftyとの攻防~その後

ここ数週間のniftyとの攻防」の続報である。

その後のniftyの態度、これまた全くお話にならない。

最初から伝えていたこちらの状況、「niftyサイトのみアクセス不能」という事実を正しく認識しないのか、したくないのか、これをもって「niftyが原因ではなく、PCもしくはブラウザに原因がある」と断定する根拠を問いただしても、返って来た回答は

「メールの送受信や他のサイトは閲覧できていることから、今回のトラブルの原因が回線等の問題ではなくパソコン側が起因と担当者が判断し、そのように回答いたしました。」

である。単に復唱しているだけではないか。
理解力が不足と言うより、逃げの一手の悪意を感じる。

さらに、謝罪のつもりだろうか、

「しかしながら、上記回答を行う前に原因特定のため、詳細についてお伺いすべきであったと認識しております。○○様へは大変ご不快な思いをおかけし、貴重なお時間を頂戴いたしましたことをお詫び申し上げます。」

「原因特定のため、詳細についてお伺い」してきたのじゃないのか?
それまでのやり取りが正に原因特定のためのプロセスではなかったのか?

ならば、そもそも@niftyカスタマーサービスデスクのメンバーのスキル・レベルは「低い」どころではなく、体系も何もなくでたらめと言うことだ。

スーパーバイザーなる者でこの程度。
お粗末極まりない。

もうメールではどうにもならない(相手は高をくくっている)と判断し、niftyに直接乗り込んだ。
カスタマーサービスデスクを管理する「カスタマーサポート統括部 サテライト運営部」の責任者は当然平謝りである。

小売りの現場でもない限り、当事者が出てくることはほぼありえないが、やはりここでもトラブルの発端となったTとスーパーバイザーなるMは顔を出さなかった。
コールセンターは別の場所との説明も、一般的にはよくある話だが、niftyの場合の真偽は定かではない。

いずれにせよ、センター長より謝罪と今後の対応策を連絡すると言うことで決着。

自分としては、でたらめ極まりない対応をしたT、のらりくらりと通り一遍の謝罪で切り抜けようとしたMが、それぞれどんな風体の人物なのか見てみたかったのだが、まぁこれは現実的にはなかなか難しいだろう。

そんなわけで、また「待ち」である。

|

« かりゆし58ベスト | トップページ | ここ数週間のniftyとの攻防~決着 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/52606114

この記事へのトラックバック一覧です: ここ数週間のniftyとの攻防~その後:

« かりゆし58ベスト | トップページ | ここ数週間のniftyとの攻防~決着 »