« シネマ評~告白~ | トップページ | 新宿芸術天国2011 »

2011年10月 9日 (日)

携帯電話に求めるもの

だいぶご無沙汰してしまった・・・

最近、携帯を買い換えた。

5年ほど愛用していた機種はカメラすら付いていないシンプルなもの。
その携帯がいよいよ寿命。バッテリーは交換してもすぐ切れる、バイブレーターが妙な音を発する・・・

それでなるべく安いものをと探し回った。
ところが量販店の店頭に並んでいるのは当然ながら最新機種ばかり。
ということは大半がスマホ。
スマホに限らず、今の機種は不要な機能が満載、価格も3万~5万とバカ高い。
携帯端末に多くを求めない私にとっては、まさに“宝の持ち腐れ”、無用な投資以外の何物でもない。
たかが携帯に数万も出費したくない。

で、行き着いたのが「中古」。
仕事でよく使うエリアの中古専門店を何度かのぞいているうちに、運良く2年前の機種が1万円で手に入った。
それでも今まで使っていた機種からすれば、格段に機能向上。何と言ってもメールの入力が楽だ。
ほとんど使わないだろうカメラの画質も随分とよくなっている。
自分としては充分満足。

今回初めて「中古」と言うものを購入したのだが、まるでコンビニで買い物をするように、「コレ下さい。」「はい、1万円です」で終わり。充電器も説明書も、外箱すらなし。
本体をシリコンクロスのようなもので軽く拭いて「ハイ、どうぞ」(笑)
なんだか笑ってしまった。

さて、これまで機種変更しても前機種は大事にとっておいたのだが、今回はこれを機に一斉に処分しようと思っている。
なんだか無性に身の回りを軽くしたくて、書籍や衣類も大幅に処分する予定だ。
携帯も貴重なレアメタルの再利用資源でもあるから、キャリアのサービス拠点に持って行こうと思っている。

Mobile_p

それで記念撮影(笑) 一番右が“最新機種” 一番古い機種はおそらく2000年か2001年くらいのもの。
左3台が昔懐かしいMOVA。

私自身は、携帯は通話とメールができればよいと割り切っているのだが、さてさて、こんな人間は少数派になっていくのだろうか?

|

« シネマ評~告白~ | トップページ | 新宿芸術天国2011 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

デジタル・エリートのKさんが、これまで普通の携帯だったってことの方がむしろ意外なくらいで(笑)

良し悪しの話じゃなくて、その人のスタイルによりますね。
私なんざ、いまだに普通の手帳を使っているくらいですから(笑)

あっちのネタはもうちょっと時間がかかります(笑)

投稿: 管理人 | 2011年10月10日 (月) 23時40分

こんにちは。
今回は自転車ネタではありませんが登場・・・(笑)

私も、つい先日までは純粋ガラケー派だったのですが、ついにというか、スマホにおサイフ携帯機能が付いたので、買ってしまいました。というのも、今までの携帯でもiアプリを使って、インターネットメールをチェックしてきたのですが、スマホなら最初から複数アカウント対応のインターネットメールソフトが標準装備で、しかも文字コードに悩むというようなこともないからです。

おサイフ携帯機能は、モバイルSUICAから新幹線、飛行機の予約・搭乗まで、全部携帯一台で済ませる私には必須の機能なので、iPhoneいいなぁ、と思いつつ導入できなかった理由です。それにGPS付き防水スマホなら、簡単な徒歩(及び自転車?)ナビにもなりますし。

でも、バッテリ保ちの悪さや起動時間の長さという条件は従来の携帯よりはかなり悪化しますが、従来から結局予備バッテリを持ち歩いていた私にとっては、バッテリ問題は大きな障害ではないですし、PCと同時に持ち歩く場合は、PC単独でWiMAXも一応可ですが、ケーブルを使わなくても携帯のテザリングを使って、WiFi経由でインターネットできるメリットも捨てがたいからです。

それに、一応?携帯単独の「フルブラウザ」も時折は使いますし・・・。ただ、確かに本体価格は耐え難いほど高価にはなってしまいましたね。中身を考えれば、そこそこ無理のない話ではあるのですが。

さて、次の更新では「買ってしまった別のモノ」が登場するのか、期待してお待ちしています(汗)。

投稿: Mr.K | 2011年10月10日 (月) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/52943179

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話に求めるもの:

« シネマ評~告白~ | トップページ | 新宿芸術天国2011 »