« ロードバイク 顛末 | トップページ | 冬の花火 »

2011年12月10日 (土)

ツーリング仕様ライト 決まり!

Raleigh Club Special に似合うライトを探した。

何と言っても「砲弾型」に優るものはない。が、問題はコレが市場に出回っていないということが最大の難点。

正確に言うと、単に「砲弾型」であれば、ビーチクルーザー用と銘打った商品が出回っている。ところがこれは大きすぎるのである。
長さが10cmともなれば、ランドナーに組み合わせるには大きすぎて似合わない。
形状やクロームメッキ仕上げである点など申し分ないのだが、ビーチクルーザーにマッチするように造られているのだから、これは仕方ない。

で、砲弾型を諦めて、懐中電灯をキャリアかフォークに取り付ける方法で探した。

自転車用ライトとして売られているものの難点は、それほど光量がないことであり、充分な明るさのものはかなり大きく高額だ。
今回は思いっきり明るいライトが欲しかった。
そこで普通に「懐中電灯」を探してみた。LED数がなるべく多く、シルバーであること、電池は2本以上であること、10~15cm程度の長さがあること等が条件。

自転車用だとかなりのハードルになるこの条件も、単に「懐中電灯」となるとそれほどでもない。
案の定、すぐに見つかった。それもかなり安価。

そして、これを取り付けるホルダー。ライトが回転できるような機構が必須。
しかしこれも難なく見つかった。

この2つで締めて1100円程度(送料別)。

早速取り付けて試してみた。
外で真っ暗な場所と言うのが以外にないので、廊下で(笑)

Light_01

取り付けた姿がコレ。なかなかいい感じだ。
キャリアに付けた方がより“それっぽい”のだが、太さが合わないのでフォークで我慢。

Light_02

点灯するとかなりどころか相当明るい。

Light_03

照明を消した状態。

Light_04_2

ライト点灯。左が今回調達のライト、右が最もポピュラーなCATEYEのEL-130。
その違いは一目瞭然。EL-130が1500~1600円だから、コストパフォーマンス的にも断然お得である。

しばらくコレで試してみることにする。

今後の改良点があるとすれば、フロントキャリアに取り付けることか?

あとは、非常に安価なライトなので、耐久性に若干の不安はあるが・・・

|

« ロードバイク 顛末 | トップページ | 冬の花火 »

自転車/サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/53445363

この記事へのトラックバック一覧です: ツーリング仕様ライト 決まり!:

« ロードバイク 顛末 | トップページ | 冬の花火 »