« 『世界のキッチンから~ふんわり薫る 柑橘ジャスミン』 | トップページ | 山歩き(9)~足和田山 »

2011年12月 1日 (木)

Raleigh Club Special ~ツーリング仕様へ~

Raleigh_07_2

ツーリングバイク・・・『ランドナー』とは言い切れないけれど、スピードではなく長距離を走ることを楽しむためのバイク

そんなことを狙って、このRaleigh Club Special をそれっぽく色付けしてみようと、いくつかのパーツを調達した。

前後のライトは既に付けてあったので、今回はフロントバッグ、ベル、スタンド。

Raleigh_08 フロントバッグはお馴染みのオーストリッチのもの。
「中に何を入れるか」よりも、むしろ付いていることが大事(笑)。正直、何を入れるかなんてまだ考えていない。
さてこの『F-104』だが、形や色は申し分ない。形を整えるために、底と両サイドに中板をセットするようになっている(写真はこれらを外した状態)。これが本当に必要かどうかは今は判断がつかない。
それよりも、取り付けるにはハンドル部に2本、底部に1本のベルトを使うのだが、このベルトがいただけない。
まず色。これは生成りなのかも知れないが、もうちょっと渋めの色を付けて欲しかった。
また、本革なのだが安い革で仕上げの処理がされていないので、触ると細かい“カス”が出てしまう。さらに、底部のベルトは短か過ぎてフロントキャリアに固定できないのだ。
開封した時、ナイロンベルトが1本同梱されていて不思議に思ったが、いざバッグを装着する段になってその理由がわかった。
というわけで、底部の革ベルトは一回も使わずにお払い箱。なんだかな~。それならもう少し長目のものを用意すればいいのに・・・
そしてもう一つ、蓋を固定するゴムバンドだ。
これが本当にいただけない。バッグに八分ほどの荷物が入れば初めて機能する代物だ。中がスカスカの時はたるんでしまって、フックに架からない=蓋が閉まらない。
バッグ裏側=ハンドル側にも小さなポケットが2つあって、この蓋もゴムバンドである。当然、ぶかぶかだ。こちらは目に触れるものじゃないから、まぁ、我慢もできるが、メインの荷室はもう少し工夫があっても良いと思う。

Raleigh_10 ベルはBianchiと同じ真鍮製のものを探した。
クラシカルなバイクに合わせるには真鍮製しかないだろう。このベル、一般的な鉄製のモノよりも優しい音色で、余韻がすごく長いのである。柔らかすぎて気づいてもらいにくいと言う難点はあるが(笑)、これまた機能よりも見た目だ(笑)

サイクルコンピューターも必須アイテムとして装着。

Raleigh_09 スタンドはロードの場合付けない人も多いが、1g単位で軽量化を図っているわけでもないし、街乗りもかなりの割合で想定されるなら、あった方が断然便利である。

さて、残る必須アイテムは『フロントライト』だ。
今は非常にポピュラーなCATEYEのモノを付けているが、あくまで暫定である。なぜなら、その形状が全く似合わないからだ。
理想は砲弾型。しかしこれが入手困難になっている。
日曜日、吉祥寺まで出かけた目的は、toR mansionを見るためだけではなかった。『velo craft』という「旅自転車専門店」にこの砲弾型ライトを探しに行くのも大きな目的の一つだった。
ネットで調べても、いくつかの店舗を周っても、「ない」のである。ココなら、と思って出かけたが、velo craftにもなかった。
さらにもう一つの問題は、ダイナモを取り付ける台座・ダボがないことである。懐中電灯型に変更するか、砲弾型に近い形の電池式を選び、ステーを別途取り付けた上にセットするか、まだまだ悩みどころである。

|

« 『世界のキッチンから~ふんわり薫る 柑橘ジャスミン』 | トップページ | 山歩き(9)~足和田山 »

自転車/サイクリング」カテゴリの記事

コメント

Kさん、どうも!

仰るとおり、あとはサイクリングの計画を立て実行するだけです(笑)

本体価格を超える改造・・・でもこれも考えようで、本体を廉価で入手して自分の思い通りの味に変えて行くというのは、最終的な金額で判断すべきなんでしょうね。
意外とトータルでは「安い」買い物になったりして!?
ありえない話じゃないですよね。なにより、改造する楽しみは、間違いなく完成された高級車では味わえないでしょうから。

もう一つの改造の話は「子供用自転車」だったのですか!
確かに子供用で12kg、14kgというのは重い。
LGS-REN 20も見ましたが、いっちょまえですね~。なかなかのパーツを使ってますし。
LGS-RSRシリーズはフラットバーのロードなんですね。
それにしても、高い(笑)

投稿: 管理人 | 2011年12月15日 (木) 00時31分

たびたびですが、どうも。
別記事でロードの顛末を拝読、そしてライトの件も「さすが」という形で解決されたようで、あとは乗るだけ!でしょうか。

ドッペル改造は、確かに高くつきました。個人的には結構乗りやすいバイクになりましたが。

> これだけで、元のバイク本体の価格を越えているんじゃないかと思いますが(笑)

ご指摘のとおりです。なにしろ本体が安いこともあり、追加部品と交換部品で、あっという間に本体価格を超えていました(汗)。

最終的に?ハンドルバーやグリップ等も一式換え、エンドバーなんかも付けているので、これとシートポスト、クランプ、サドルとサイクルコンピュータの合計で本体価格と同じ程度です(いかに安い本体なのか(汗))。

>> ドロップハンドルのロードをフラットバーロードに改造するというもの。

これは説明不足だったかと思いますが、実は「子供用自転車」の話なので、状況は少々特別ですかね。というのは、現在「最初の自転車」として、ブリヂストンのレベナという車種に乗っているのですが、これがおよそシングルのフラットバーロード「的」仕様で、本体重量が8kgを切る、完成車としては数少ない(ほとんど唯一の)もののようです。

これの乗り換えに子供用を探すと、22とか24インチくらいでも、子供用はMTB系の造りがほとんどなので(いわゆる「軽快車」系を除けば)、本体重量は軽いものでも12kg以上で、14kgなどというのも珍しくないようです。

ところでルイガノのジュニア用ロードには重量8kg台のものがあり(LGS-REN 20)、ロードなので当然細いタイヤにドロップハンドル・・・しかしいきなり未就学児がそれを安全に乗りこなすのは恐らく困難なので(レベナ同様の)フラットバー、タイヤもやや太くすれば後継車種としては適するかという話なのです。

イメージとしては同ブランドで言えばLGS-RSR 2になる感じでしょうか。これはこれで格好いいとは思いますが、難点は結構「高い自転車」になりそうなところ。本体と改造部品で10万円程度かなぁ(汗)。

投稿: Mr.K | 2011年12月14日 (水) 02時01分

こんばんは!

> 普通に走って24~5km/hくらい出ていれば満足するのですが、

コレ、私も同じですよ。ちょいと頑張って30km/h、相当頑張って35km/hくらい出れば○です。

しかしうかがってみると、ドッペルは相当な改造をしてますね。
オリジナルパーツはどこ?というくらいでは?(笑)
スプロケット、シフター、チェーンホイール、タイヤ、チューブを交換したら、どんなカンジでしょうか?
これだけで、元のバイク本体の価格を越えているんじゃないかと思いますが(笑)

私のBianchi minivelo-9は、なんだかんだと1000km超となりました。いつの間にか、と言う感じです。

> ドロップハンドルのロードをフラットバーロードに改造するというもの。

それはもったいないですね~
私はドロップ派なので(現にBianchi minivelo-9はフラットからドロップに変更)、なんだか惜しい気がします。
でも、一口にドロップからフラットと言っても、仰るとおり、かなりのパーツを交換することになりますね。
好きじゃなきゃできないですよ(笑)

投稿: 管理人 | 2011年12月10日 (土) 00時11分

楽しそうですよね、このバイク・・・

私の方はヘタレかつ街乗りだけなので、普通に走って24~5km/hくらい出ていれば満足するのですが、あとは、これをいかにして「楽に」出すかという改造でした。
文字は同じでも「らく」と「たのしい」は少し(だいぶ?)違うか。

ドッペルは、パーツを調べたらリアディレイラは6sで使われていたものの、7s対応だったので、シフターとスプロケットだけ?取り換えて6s→7sにミニ改造したとき、リアのディレイラ調整はしたのですが、ディレイラ自体は交換していないし、フロントはリアよりも(仕組みから見て)大変そう。

それとチェーンホイルを52T→60Tに交換(クランクも)し、ハブのグリスアップと玉押し調整、タイヤ+チューブの交換まで欲張った結果かどうか、一応目標の巡航速度24~5km/h程度を、比較的楽に出せる程度にはなりましたが、いじる割に乗る方は相変わらずで、まだ合計400km程度しか乗っていないという・・・

今後予定しているのは、他人のマシンで、(本格的自転車乗りからは冒涜的と非難されそうですが)、ドロップハンドルのロードをフラットバーロードに改造するというもの。たぶん、折り心地も考えると、結局タイヤも1ランクは太くしなければならないかも。ま、この交換自体は簡単ですが・・・

今回の改造も、最小限で済ませたいのですが、ステムからハンドルバー、グリップ、それにシフターとブレーキレバーとこれらに伴うワイヤーは最低交換して調整することになりそう。

いやはやです。楽しいですけどね。

投稿: Mr.K | 2011年12月 9日 (金) 02時04分

どうも、どうも(^^ゞ

> 好みの問題が大きいと思いますから、あまり強引にコメントするのも筋違いですが、

何を仰いますやら(笑) あぁでもない、こうでもないと薀蓄傾けるのもこの手の趣味の楽しみ方ではないですか。

> 1)ブレーキ台座に補助金具をかませるか、あるいは
> 2)フロントハブ軸に補助金具をかませる
> などの方法が一般的(市販品があるという意味では)でしょうが、
> おそらくどちらも検討済みのことと思います。

ご明察!(笑) 

> フロントキャリアの下部にあるダボ状の箇所に何らかの金具をネジ止めして
> 下方向に少し延長する方法…もすでに検討されているかも知れませんね。

これまたご明察!(笑)

いやぁ~ 自転車狂は考えることが同じですね!

これらの方法は、それこそ現在進行形の検討中でして、一番見てくれが良くてコスト的にも納得が行く方法はどれか、悩んでいる最中です。

実は工具箱を漁ったら、昔の自転車のライト用ステーが見つかりました(未使用)。
これに、現在売られているビーチクルーザー用と称する砲弾型ライトを付けて・・・とか。
はたまた、フロントキャリアにはご推察の通り、ダボ状の穴が2箇所あるので、ここに何らかの金具を付けて懐中電灯型のライトを付けるとか。
もちろん、ハブ軸にライト取付用の補助金具、という手も捨て難く・・・(笑)

眺めているだけでも飽きないと言う・・・  ビョーキです(笑)

それにしても、チェーンホイルやBBまでいじり倒すと言うのは、まさしくマニアの域ですね(笑)
ディレイラーの交換というとかなり高度な調整なのでは?
パーツ選びだけでも、あれやこれや時間がかかりそうだ・・・(笑)

投稿: 管理人 | 2011年12月 3日 (土) 13時57分

どうもです。

まぁ、自転車キャリアが50歳にしてようやく始まった新参者ですし、今回のことは、好みの問題が大きいと思いますから、あまり強引にコメントするのも筋違いですが、考えてみましたので、ご参考まで…

こういう場合の逃げ?としては、よくあるケースは

1)ブレーキ台座に補助金具をかませるか、あるいは

2)フロントハブ軸(クイックリリースにも対応品があります)に補助金具(CROPSランプホルダー等)をかませる

などの方法が一般的(市販品があるという意味では)でしょうが、おそらくどちらも検討済みのことと思います。
なので、本体を傷付けない範囲で考えると、フロントキャリアの下部にあるダボ状の箇所に何らかの金具をネジ止めして下方向に少し延長する方法…もすでに検討されているかも知れませんね。

まぁしかし、ここはいろいろ考えるのも、このバイクを買った楽しみの重要な一部でしょうから…結論が出たらまた教えてくださいね。

ではまた(つい、自転車いじりネタだとコメントしてしまうはご容赦!)。


実は、私もクロスバイクの方のフロントのチェーンホイール交換をすると、フロントのディレイラ交換が必要になるところ、パーツは購入してあるのですが、まだ踏み切れず、とりあえず?BBだけを交換して(パーツと自転車を目の前において)悩んでいるところです(今時分?(汗))。

ドッペルはシングルだったので、チェーンとチェーンホイールとクランクを買ったら瞬時に(?)交換してしまったのですが、さすがにディレイラ交換は調整に手間取りそうですから…

投稿: Mr.K | 2011年12月 3日 (土) 02時08分

どうも(^^ゞ

ご紹介ありがとうございます。当該サイトはお初ですが、類似のサイトは既にチェック済みです!(笑)
ところが色々問題がありまして、まずビーチクルーザー用とかママチャリ用のステーだけだと取り付けられないのです。
ランドナー用のダイナモ付きのモノが仮に入手できても、取り付け台座がないので、大幅な改造が必要になりますね。
で、現行品でなんとかやっつけられないかと思案中です。ここ何日間はずっとそのことばかり考えてます(笑)

投稿: 管理人 | 2011年12月 3日 (土) 00時58分

うむむ。着手していますね・・・

ところで、砲弾型フロントライト、については、これが趣味に合うか(いや、バイクに合うか、でしょうか)は疑問がないわけではありませんが(そもそもビーチクルーザ用?)下記はどうでしょうか?

LED型で、ダボがなくても取り付けられるアームも付属しているようですし、まぁ、取付については元々、いろんな工夫をするのが大好きなわけですから・・・

↓の、アクセサリを選ぶと左上に出てきます。電池使用。

http://www.arrow.ecnet.jp/


投稿: Mr.K | 2011年12月 2日 (金) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/53366527

この記事へのトラックバック一覧です: Raleigh Club Special ~ツーリング仕様へ~:

« 『世界のキッチンから~ふんわり薫る 柑橘ジャスミン』 | トップページ | 山歩き(9)~足和田山 »