« 山歩き(12)~長瀞アルプス~宝登山+輪行 | トップページ | 山歩き(13)~三浦アルプス »

2012年3月28日 (水)

ミッシングリンクのはずし方

ミニベロ2台のチェーンの丸洗いをするためにKMCミッシングリンクを装着したが、秩父への輪行を終えてそろそろチェーンを洗っておこうと、今度はそのミッシングリンクを外すことに。

で、また自力でやろうとタコ糸を用意。片側をラジオペンチで固定してタコ糸を引っ張るといういたって原始的な方法。

Grunge_01

それでもこれでBianchiは簡単に外れた。ところがManhattanの方がどうやっても外れない。あまり無理にやると、チェーンを損傷してしまうかも知れず、この方法は諦めた。
かように、固くなってしまう場合も想定すると、専用の工具の方が断然楽だし安心。

というわけで、『グランジ クイックチェーンリムーバー』

Grunge_02

見ての通りの工具、ラジオペンチの先がもっと平たくなっていれば、おそらく無用の長物となる代物だ。
1,300~1,400円の価格が高いか安いか微妙なところだが、少なくともこれでミッシングリンクは苦もなく外せてしまう。

Grunge_03 ミッシングリンクの前後に挿入し(写真上)、この工具を軽く握るだけで完了(写真下)。

実に簡単に外すことができる。チェーンを傷める心配もない。

効果はてきめんだが、レンチやスパナのように「必須」のものではないので、果たして“オススメ”と言えるかどうかは微妙だ。

個人的には充分満足しているが・・・Grunge_04_2

|

« 山歩き(12)~長瀞アルプス~宝登山+輪行 | トップページ | 山歩き(13)~三浦アルプス »

自転車/サイクリング」カテゴリの記事

コメント

やはり登場されましたね(笑)

> 私も同じものを使用しています。

そりゃそうです。以前、貴殿から紹介されたのを覚えていて、そのまんま真似しただけですから(笑)

http://yaeyama.cocolog-nifty.com/iitaihoudai/2011/09/post-cf74.html

おっしゃるとおり、専用工具が多いですねぇ、多過ぎるくらい。普通の工具で流用できればよいのですが・・・

> ボスフリー抜きとか、コッタレスクランクプーラー、スプロケットリムーバーとかになると

なんじゃ、それ?ってカンジです(笑)
自作じゃ限界ありますから、専用工具に頼らざるを得ない部分も多いと思いますが、できる範囲で自作・代用・流用を考えたいと思います。
分解・清掃をやってみて、意外にも用途が広いのは“たこ糸”でした!(笑)

投稿: | 2012年3月29日 (木) 00時25分

はい、ミッシングリンク外しにはこれですね。私も同じものを使用しています。専用工具ってこういうもの、というお手本のような。これで瞬時に外せてしまいますが…

もっとも「この他には何の役にも立ちそうもない」というのも含めて専用工具なんですが。そもそも、自転車って、そういう専用工具があまりに多いです。正直、自転車をいじる作業を始めてまだ2年にもなりませんが、既に「箱一杯」の専用工具に頭を痛めてます。

しかし、なかなか他の汎用工具では代用できないような部品の作りなんですよね。特に駆動系…

名称が一般工具と違う(たとえば六角スパナをアーレンキーと言ったり、「雑巾?」がウエスだったりする)くらいのうちはまだいいですが、ボスフリー抜きとか、コッタレスクランクプーラー、スプロケットリムーバーとかになると、絶対に他の用途はない(うえに、新しい自転車規格ではそもそも使えない(汗))ですし。

いやはやです。でも便利なんですけどね、揃っていると。

投稿: Mr.K | 2012年3月28日 (水) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/54331845

この記事へのトラックバック一覧です: ミッシングリンクのはずし方:

« 山歩き(12)~長瀞アルプス~宝登山+輪行 | トップページ | 山歩き(13)~三浦アルプス »