« からぎ茶~沖縄やんばるのハーブティー | トップページ | 「ゆい」 かりゆし58新譜 »

2012年3月 4日 (日)

Raleigh Club Special カスタム~バーテープ交換

我が愛車Club Special(CS)だが、以前からそのバーテープが気に入らなかった。

薄いせいか、ハンドルを直接握っているような感覚。細過ぎることで長時間乗っていると疲れやすい。
そして何より、BROOKSのサドルとの不釣合い、貧相。

いつかは換えようと思いつつ、バイクのメンテ本を熟読し、作業の順序を写真で追い、それでもなかなか踏ん切りがつかなかったのは、最終的な自信が持てなかったせいである。

それが先日のステム交換の際、地元の自転車屋で聞いてみたのが最終決断のきっかけだった。
そこのオーナーが、ステム交換をやりながら懇切丁寧に教えてくれたからである。

こうなったらあとはバーテープの調達だけ。
最初からBROOKSに決めていたから、話は早い。
早速ネットで探し、早々に調達。色はブラウンかハニーか迷ったが、多少薄めの色のハニーにした。

さて、実際の作業だが・・・

Drop_old_01

まず標準のバーテープでのハンドル周り。ご覧の通り細くて貧相。

Drop_old_02_2 バーエンドにはこんな金属製のキャップがネジ止め。
これだけでも、CSの全体のイメージをぶち壊しである。
これをドライバーで外す。何度見ても無粋。

自転車屋の話によると、ハンドル中心部から巻いても良いとのことだったので、まずはその方法を試してみた。

が、なぜか(やり方が悪いのであろう)寸足らず・・・
再度挑戦か、オーソドックスにエンドからにするか迷ったが、結局エンドから巻きなおすことにした。
この方法の方が、巻き終わりが中心部でしかもテープ止めなので“ごまかし”が利く。
巻き終わりをエンドにすると、ハンドル内部に折り込むだけの充分な“余り”が必要となり、ごまかしが利かないのだ。

というわけで、メンテ本などで紹介されているエンドから巻き始め。
だが、ここでも意外に苦戦。
ハンドル内部に折り込む分をどの程度にするか、かつキレイに処理するだけの長さの見当がなかなか難しい。

Drop_new_01 Drop_new_02

ようやく、この程度ならOKだろうという当たりをつけて巻き始めた。
仕上げ前のエンドはこんなカンジ。仮留めとしてエンドキャップを軽く押し込んで固定。

Drop_new_03 ブレーキ周辺はやはりなかなか難しい。
神経を使いながら、意識的に強く引きながら曲線をなぞって行く。それでもブラケット部分は本で見たほど簡単ではなく、何回かやり直した。
二周巻ければ楽なのだが、長さが足りなくなるので一周で決めなければならないのがキツイ。
ここをなんとかクリアすれば、後は比較的楽・・・と思ったら、今度は長さの心配が出て来た。
メンテ本に書かれているように、「1/3ほど重ねるように」なんて悠長なことをやっていたら、足らなくなってしまう。

そこでまた強めに引きつつ、重なり部分を少なめにして、なんとか中心部まで到達。あとはフィニッシングテープで固定すれば完了。
そして最後に、バーエンドの処理だ。テープの端を慎重にハンドル内部に押し込み、コルクのエンドキャップをこれまた慎重に、目いっぱい押し込んで出来上がり!

Drop_new_04 Drop_new_05

反対側も同様に、同じ轍を踏まないように作業を進める。
トータル1時間程度か?

Drop_new_06 Drop_new_07

曲線部分の処理、エンドの処理、多少ご愛嬌的要素はあるものの、まぁ自身の中では及第点。
サドルとのバランスも言うことなしである。

なお、ハンドルを太くしたいという目的もあったので、標準のバーテープははがさず、上から巻いた。
結果的にちょうど良い太さになって、これまたすこぶる快適。

それにしても、やってみてわかったが、BROOKSのバーテープは短め。余った部分を切り落とすなどの余裕は全くない。
終始、重なり部分に配慮しながら作業する必要がある。

|

« からぎ茶~沖縄やんばるのハーブティー | トップページ | 「ゆい」 かりゆし58新譜 »

自転車/サイクリング」カテゴリの記事

コメント

からぎ茶、お口に合ってよかったです。
冬場は体が温まりますので私も重宝してます。
意外と何度も出ますので、一袋はなかなか飲み応えがありますよ。

で、自転車ですが(笑)・・・
なんだこりゃ?にはならないでしょう。そこまで手を入れた自転車、見るのが楽しみです

投稿: 管理人 | 2012年3月16日 (金) 00時58分

遅くなりましたが、いただきました!

アドバイスにしたがい、少なめを「てーげー」(てーねーではない(^_^;))に淹れてみましたが、想像と少し違ったものの、まさに私のテイストにぴったり! いい感じです。どうもありがとうございました。まぁ、カモミールやレモングラスのように、簡単には入手できない悩みはありますが、機会があればきっと購入しそう。

ところでTR1とドッペルは、きっとそのうちご覧いただく機会ができそうですね。もっと暖かくなったら?かも知れませんが。それまでに更に変わってしまうかは不明です(?)が、いずれの「作品」も自転車にきちんとコンセプトをお持ちの目でみると、なんですか、こりゃ?になりかねませんね。

もひろん、入手時よりは「(私が)乗りやすく」はなっているはずなんですが、そこは何しろ初心者ですから・・・

投稿: Mr.K | 2012年3月15日 (木) 01時58分

まいどどうも(^^ゞ
確かに理想の形にまた一歩近づいた感じです。
あとは前後のバッグ類でしょうか?でもこれはキャリア必須で大掛かりになるので、当分“おあずけ”でしょうね。
そんなことより、実際のツーリングはいつなんだってカンジです(笑)
まだ寒いし・・・

そちらのご自慢のTR1も一度拝見したいです。

例のお茶の件、お口に合うかどうか・・・
淹れ方は日本茶と同じ要領ですが、かなり少なめで大丈夫です。
日本茶のように一箭ごと湯を切る必要はなく、たっぷりのお湯を注ぎしばらく置いてから、小分けして飲みます。
茶葉の量は“適当”、どのくらい置くかも“適当”、まさに“てーげー”な沖縄らしいお茶です(笑)

投稿: 管理人 | 2012年3月14日 (水) 22時52分

う~ん、だんだん「完成」に近付いていますね!
ステム長を変え、バーテープを巻き直されたClub Specialは、乗り心地もルックスのテイストも、いよいよ満足なものになってきたという感じでしょうか。
沖縄への輪行、うまくいくといいですね!

ところで、本日、ポストに何と「話題のお茶」発見!
貴重なものをお分けいただき、大変ありがとうございます。早速明日にも、楽しませていただきたいと思います。楽しみ楽しみ。

私の方も、ちょっとBROOKS熱が影響してか、結局グリップもBROOKSのレザーにしました。色はもちろん、サドルと同じハニーに・・・いろいろいじったTR1は、かなりTR1らしからぬ感じになってきましたが、若干の軽量化も果たして、今は乗っては微調整、の段階です。

最後にホイールを変えたくなるのかなぁと思いつつ、しばらくはこの段階かな。フロントは歯数が増えたものの、クランクセットやBBごと取り換えた効果なのか、それほど重くなった気はしないです。後は乗り手の訓練次第?しかし、悪天候の日も多く、寒さもぶり返して、私のような軟弱自転車乗りには、まだまだサイクリングの季節と言うには遠いかな。

投稿: Mr.K | 2012年3月14日 (水) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/54139707

この記事へのトラックバック一覧です: Raleigh Club Special カスタム~バーテープ交換:

« からぎ茶~沖縄やんばるのハーブティー | トップページ | 「ゆい」 かりゆし58新譜 »