« Robin Gibb他界 ~Bee Gees~ | トップページ | 湯河原ほたるの宴&花菖蒲展 2012 »

2012年6月 3日 (日)

生活保護不正受給問題

ちょっと更新をサボってしまった・・・

少々タイミングがずれているが、生活保護の不正受給問題。

糾弾の最先鋒として活動する片山さつき議員を非難する連中もいるようだが、曰く「売名行為」「スタンドプレー」、おそらく芸人仲間かファンか、もしくは権利ばかり主張して義務を果たさない連中だろう。

芸人、芸能人というある意味「公人」である以上、一般人よりも身辺をきれいにしておかなければいけないのは当たり前の話だ。

まして片山氏の主張は、個人攻撃ではなく、象徴的な事案として取り上げているまでで、その本筋は一介の芸人を糾弾することではないことは明らか。
それを「個人攻撃だ」と非難するのは論点のすり替え以外の何物でもない。

本質は、受給せずとも生活していける者が虚偽の申告によって、労せず金銭(しかもそれは税金)を受け取ることの理不尽さを改めること、併せて、ライフラインの制度として、本当に困窮している人たちに正しく支給されることである。

現に私の知っている範囲でも、働く意思がなく、生活保護を受けている親子がいる。下手に働くよりも生活保護の方が“身入り”がよいからだ。

真面目に働き口を探してもなかなか思うようにならない人たちがいる反面、もらえるものはとことんもらってやると、働きもせずにのうのうと暮している連中がいる。

この国は、いつから「まっとうな労働」をこんなに軽視するようになってしまったのだろうか?

政治の腐敗と堕落が原因の一つであることは間違いないだろう。
私腹を肥やした連中が、政治的にも社会的にも抹殺されずに生き続ける様を嫌と言うほど見せ続けられれば、「真面目にやってもバカを見るだけだ」という風潮が生まれても当然だ。

今さら政治や政党に何の期待もしていないが、この生活保護不正受給問題の行く末には注目していかなければいけない。
今は、審査の基準を厳格化するとか福祉事務所の権限を強化するとか、管理統制の強化の方向へ議論が向かいそうだが、それが本当に弱者救済になるのかを充分に吟味する必要があるだろう。
また、福祉事務所の権限を強化することが、プライバシーの侵害を助長しないかも気になるところだ。

今、議論しなければいけないことは、一芸人がどうのこうのなどという話ではなく、制度の改善のはずである。

|

« Robin Gibb他界 ~Bee Gees~ | トップページ | 湯河原ほたるの宴&花菖蒲展 2012 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/54865045

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護不正受給問題:

« Robin Gibb他界 ~Bee Gees~ | トップページ | 湯河原ほたるの宴&花菖蒲展 2012 »