« Club Special ドレスアップ | トップページ | Jon Lord »

2012年7月16日 (月)

Bianchi minivelo-9は、やはり素晴らしい

ここのところ、ちょい乗りもテニスの往復も、Raleigh Club Specialばかりだった。

一ヶ月以上もBianchi minivelo-9に乗っていなかったら、当たり前だがタイヤの空気圧も泣けるほど落ちていて、こりゃいかんと空気を入れた。

空気を入れたら、久しぶりと言うこともあり俄然走りたくなって、陽射しがゆるんだ夕方、さくっと近所の散歩。

少々風は強かったが、Bianchi自体は快適そのものだ。

この小気味良さは、ヘビー級のRaleigh Club Specialではちょっと味わえないもの。

漕ぎだしからすべるような走り心地、加速性、ハンドルの切れ、、、どれをとっても快感。

ミニベロの中では決して軽量級ではないけれど、ハンドルが純正ではないからか(かなり幅の狭いタイプ)、俊敏な感覚で走れるおかげで、いつ乗っても、何回乗っても、その都度楽しく気持ちが良い。

Raleigh Club Specialも気に入っていることは間違いないが、このBianchi minivelo-9もやはり捨て難い。

同列で比較すること自体が無意味なのだろう。

択一を迫られない限り、やはりこの2台は手放せない。

つくづくそんなことを感じた“散歩”だった。

|

« Club Special ドレスアップ | トップページ | Jon Lord »

自転車/サイクリング」カテゴリの記事

コメント

漕ぎ出しの軽さは700C、特に私のバイクのような重量級に乗っていると、強烈に感じますね。

加速感も然りですが、やはり「巡航速度」となると、700Cに軍配が上がります(ま、当たり前ですが)。

ミニベロとフルサイズ。
もともと違うものですから、比較すること自体無理があるのでしょうね。
やっぱりminivelo-9はやめられないです(笑)

Club Specialの方は、フロントバッグのおかげで前部のバランスが悪くなっています。
スタンドを立てて止める時にとても気を使います。やはりフロントバッグは外して、サドルバッグにしようかと・・・(笑)

投稿: 管理人 | 2012年7月19日 (木) 00時11分

ミニベロの持つ、漕ぎ出しの軽さ、軽量ゆえの加速感とか、ありますよね。もっとも私のミニベロは、お持ちのBianchiのようなしっかりしたものではなくて、あくまでドッペル(大改)ですが(シ干)・・・

しかも、妙にブルホーン化していながら、普段は買い物籠をリアに搭載しているという、ヘンテコなセットアップになっていますが。現在、最終段階としてホイール交換をするかしないか、検討中です。

長距離でもなく登坂がないのであれば、気軽に乗れてそこそこ(ドッペル改なので)走る、よきパートナーです。もう一台の「愛車」であるLGS-TR1は、大きな荷物なし、多少の登坂あり、あるいは長距離時には優位性を発揮してくれるので、私もやはり、どちらか一台を選択するのは難しいですね。

もっとも、きっと、どちらも改造者本人である私にしか適合しないヘンテコ車なので、私の元を去る時は、もうスクラップしかないでしょうし、当分は大事に乗ろうと思います。

ウルトラ軽いロードが、もし買えても、やはり用途は違いそうな気もしますし・・・

投稿: Mr.K | 2012年7月18日 (水) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/55212571

この記事へのトラックバック一覧です: Bianchi minivelo-9は、やはり素晴らしい:

« Club Special ドレスアップ | トップページ | Jon Lord »