« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月30日 (月)

ニッポン柔道、疑惑の判定

ニッポン柔道がおかしい。

福見も準決勝敗退、中村にいたっては2回戦負け。

一体どうしたんだ?

個人的には福見には是が非でもメダルを獲ってもらいたかった。
谷の存在でなかなか五輪代表になれず、ようやく好機到来となったら浅見の台頭。
ちなみに、私は浅見の「私、攻め続けてます」アピールの柔道が嫌いだ。
この、“アピール柔道”で何度も苦杯をなめ、ようやく手にした五輪の切符だったのに。

敢えてきついことを言わせてもらえば、不甲斐ない試合だった。
年齢的にも、いつの間にか“ラストチャンス”。もっとしゃにむになりふりかまわず戦って欲しかった。
「自分としては一生懸命やった」と試合後に語ったが、果たして本心か?
誰よりも悔しいのは福見本人のはず。

さて、『五輪後』の福見はどうするのか?

中村は油断。試合序盤に先手を取られた。あまりに不用意な失点だった。
その後の巻き返しはさすがだったが、なぜそれを始めからやらなかったのか?
悔やんでも悔やみきれないだろう。

すでに今日の報道でも大きく取り上げられているが、男子66kg級準々決勝の海老沼vs曹準好。
海老沼の「技あり」が「有効」に変更されたのもはなはだ疑問だが、最終の旗判定で3人とも曹を選択したのにも驚きだった。何をもってして0-3判定なのか?
さらに驚きは、審判委員の異議でこれが覆り、3-0になったことだ。

海老沼が勝ったことは嬉しい(内容的にも間違いなく海老沼だったと思う)が、こんな簡単に判定が覆るのなら、主審・副審がいる意味がない。
一旦「勝ち」となった曹にしてみれば、とてもじゃないが納得できないだろう。

非常に後味の悪い結末となってしまった。

今大会の柔道の審判団はあまりにも貧弱だ。
技の判定が変更されることも多く、これでは選手たちがかわいそうである。
世界中が注目するオリンピックである。審判も一流であるべきで、そうでなければ出るべきではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

今こそ声を挙げよう

各地で政府主催の「2030年度までの原発依存度を問う”意見聴取会”」が設けられた。

しかし、少人数しか発言できないことや電力会社の発言を許したことで、その運営方法が多いに問題になったことは、既に報道されたとおり。

考えてみれば、この程度の公聴会で、この国の未来のエネルギー政策を決めるというのも恐ろしいことだ。

政府側は、この公聴会実施を「広く国民の意見をヒアリングした」という“事実”にすりかえるだろう。

そんな批判をかわすためか、各自が意見を述べられる場を作った。

しかしこれまたお役所仕事。広報が全くなっていないため、その存在を知らない人の方が多いと思う。

私もたまたま違うサイトのコミュニティで教えてもらったものである。

デモや集会に行けなくても…自分の考えを反映できるチャンス。

「どうせ言っても無駄」と諦めたら、それこそあっちの思う壺だ。

ここはやれることはやってみよう。

①国家戦略室のサイト
話そう“エネルギーと環境のみらい

②上記の右下『パブリックコメント』を開き、その頁の『御意見の入力は、こちら』をクリックして記入する。

我々が直接意見を述べることの出来る稀有な機会だ。活用しない手はないだろう。

8月12日(日)18:00締め切り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五輪サッカー

たった今、男子サッカーの初戦が終了。

大番狂わせで、日本がスペインに1-0で勝利・・・

これだけだと、狂喜乱舞といいたいところだが、試合内容は信じられない場面の連続だった。

決定機を逃すこと5回。相手のファインプレーがあったわけでもない。

シュートを打たずに意味不明の“ラストパス”
ゴール前でGKと1対1で棒立ち
シュートが枠に収まらない
そもそもシュートを打たない

今回の五輪代表の試合には、毎回消化不良の思いをさせられてきたが、今夜の試合はその中でもベスト(ワースト)1だ。

普通に考えても3~5点は入っていたはずだ。

ここまで来ると、腹が立ってしょうがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

ベンツの自転車!?

『ベンツ、今秋にも高級自転車の販売再開 価格20万円超から順次投入へ』・・・だそうだ。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120723/bsa1207230502001-n1.htm

果たして売れるのだろうか?
確かに、クルマのブランドが付いた自転車は意外に多い。
ルノー、プジョー、ランボルギーニ、ハマー、ジャガー、ローバー、フェラーリ、アルファロメオ、キャデラック、シボレー、フィアットなどなど・・・

しかし残念ながら、どれも個性があるとは思えない。価格帯も中途半端な印象で、決してべらぼうな価格ではないが、逆に「本当はもっと廉価だが、ブランドで値段を上げているのでは?」と勘ぐってしまう。ルノーとプジョーはそれなりに力を入れている感じはするが・・・。

120723_bike そんな中で、20万円を越えるモデルを投入すると言うメルセデス。
ベンツはもちろん高級車のイメージだが、自転車で同じレベルを訴求できるのか?
「ベンツの自転車」はそれなりに話題になるだろうが、それに乗る、所有するとなると、事情は少々違ってくる。

自転車に20万。
私ならARAYAのSWALLOWかDAVOSの603を買う。それでもまだ20万に満たないので、余ったお金はフロントバッグかサドルバッグを充てるだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

琉球フェスティバル サイコー!

120722_ryukyufes

毎年恒例行事となった『琉球フェスティバル』に今年も行ってきた。
例年と違うのは、大学時代の友人夫婦を誘ったこと、天気が良くなかったこと(終盤は霧雨)、西表で2年連続で一緒になった若夫婦と遭遇したこと。そして、席が最前ブロックでステージから至近距離だったこと。

出演は、パーシャクラブ、よなは徹、登川誠仁は既にレギュラー。
その他、ディアマンテス、大城美佐子、大島保克。
司会はいつものガレッジセール。今年はテレビ朝日の女子アナはナシ。

今年は、去年のようにオープニングを飾る新人・若手の出演はなく、半ばレギュラーだと思っていた古謝美佐子もおらず、出演者が少々寂しかった。そのため、終演も例年より少し早め。

それでも、MCでも盛り上がり、ディアマンテスもよなは徹も、もちろんパーシャクラブも大変な盛り上がりだった。
その分、大城美佐子、大島保克、登川誠仁と言った民謡のパートがちょっと「かったるい」感じになってしまったのは残念だ。これはもしかすると、柵で区切られたAブロックだけだったかもしれないが、観客が勝手に騒いで聴いていないのである。
確かに、民謡だと全身でリズムを取るような感じではないし、テンポもまったりだったりする。
それでも、沖縄ポップスと呼ばれる楽曲やそのアーティストたちは少なからず影響を受けていることは事実だし、登川誠仁などは民謡の枠を超えたアーティストたちから崇拝されている人である。

沖縄ポップスのファンならば、そのベースとなっている民謡にも耳を傾けてもらいたいものだ。

どうやら、泡盛を飲んで大騒ぎすることだけを目的に来ている連中がいるようだが、あくまでもコンサートであることは忘れないで欲しい。

また、運営側にも、民謡とポップスの両立という点で、もう一工夫あってもよかったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

桑田佳祐 ~ I LOVE YOU ~ Now & Forever

Img_5171_2

クワタの新譜『I LOVE YOU ~ Now & Forever』が昨日届いた。

新譜と言っても、ソロとしてのベスト盤。『悲しい気持ち』なんて懐かしいナンバーも入っている。

Img_5172

ちびまるこのエンディングや、docomo、三井住友銀行などのCM曲も新曲としてエントリーされている。

中でも、欲しかったのは三井住友銀行のCM曲『幸せのラストダンス』。

初めて聴いたときから、妙に印象に残って気になっていた曲だ。

サザンオールスターズとしての最後の曲、『I am Your Singer』の前後あたりから、桑田の詞が変わったように思う。もしかするとそれは、『明日晴れるかな』「風の詩を聴かせて」あたりからかもしれない。

自身の癌闘病、姉の死、311を経て、それが一層明確になったように思える。

周囲への愛とでも言おうか?生への賛歌か、生きることへの応援歌か・・・

これを谷○シンジあたりが書くと、感動の押し売りになるところだが、桑田はそれと気付かせないようなテンポに乗せたり、さらりとしたメロディーに織り交ぜたりと、実に多彩でさりげない。

Img_5173

今回のアルバムはボーナス・ディスクを含め3枚の大作。

週末にじっくり聴くとしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

Jon Lord

Jon Lord

言わずと知れたDeep Purpleのキーボード奏者だ。

その彼が、月曜日(7/16)が亡くなった。死因は肺塞栓症、71歳だったそうだ。

2011年に癌であることを公表していたようなので、肉体的にはかなりガタが来ていたのだろう。

それにしても、である。

Deep Purpleと言えば、我々世代にとっては神のような存在のバンドだった。

私自身は、自分と同じ楽器を担当していたIan Paiceのファンだったが、“Child in Time”のキーボードにはしびれたものである。

第2期のメンバーは全員がすこぶるカッコよかった。中でも、ベースのRoger GloverとキーボードのJon Lordは渋くて、ロック小僧だった我々の憧れだった。(Ian Paiceは当時のロック・ドラマーの中では図抜けた存在だったと今も思っているが、見た目はお世辞にも憧れの対象とは言えない(笑))

日本武道館でのLIVE、『Made in Japan』は、今でも色褪せることがないロックの名盤だと思う。

彼らの演奏に触れたからこそ、ごてごてと飾りつけた衣装やステージを全く評価しない価値観が出来上がったと言っても過言ではない。(だからク○ーンはあまり評価しないのだ)

年齢的にも致し方ないと、思う一方で、やはり一抹の淋しさが残る。

合掌・・・

※ちなみに、現在放映されているソフトバンクの「自転車が当たる」CMで、BGMで『Smoke On The Water』が使われているが、あの情景であれば絶対『Born To Be Wild』にすべきだ・・・と思っているのは私だけだろうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

Bianchi minivelo-9は、やはり素晴らしい

ここのところ、ちょい乗りもテニスの往復も、Raleigh Club Specialばかりだった。

一ヶ月以上もBianchi minivelo-9に乗っていなかったら、当たり前だがタイヤの空気圧も泣けるほど落ちていて、こりゃいかんと空気を入れた。

空気を入れたら、久しぶりと言うこともあり俄然走りたくなって、陽射しがゆるんだ夕方、さくっと近所の散歩。

少々風は強かったが、Bianchi自体は快適そのものだ。

この小気味良さは、ヘビー級のRaleigh Club Specialではちょっと味わえないもの。

漕ぎだしからすべるような走り心地、加速性、ハンドルの切れ、、、どれをとっても快感。

ミニベロの中では決して軽量級ではないけれど、ハンドルが純正ではないからか(かなり幅の狭いタイプ)、俊敏な感覚で走れるおかげで、いつ乗っても、何回乗っても、その都度楽しく気持ちが良い。

Raleigh Club Specialも気に入っていることは間違いないが、このBianchi minivelo-9もやはり捨て難い。

同列で比較すること自体が無意味なのだろう。

択一を迫られない限り、やはりこの2台は手放せない。

つくづくそんなことを感じた“散歩”だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

Club Special ドレスアップ

きょうも暑い

きょうは川崎までちょっとひとっ走り。
わずか5Km程度のことなので、どうと言うことはないが、実はまた少しばかりカスタム進行。
と言っても、パーツを劇的に変更したのではなく、「飾りつけ」での話。

120715_raleigh_01 これでわかるだろうか?
バルブキャップである。

120715_raleigh_02

Club Specialの雰囲気に合わせ、革製にしたのだ。
キャップ自体はよくある金属製のものなので、厳密に言えば「バルブキャップ・カバー」か?

120715_raleigh_03 こんなもの付けてどうする?と言われても仕方ないくらい、何の役にも立たないモノであるが、これはほとんど“一目惚れ”だった。長い間悩んだ挙句、結局は購入。
クラシカルなClub Specialのドレスアップには必要不可欠・・・に思えた(笑)
他に類を見ない点や全てが一点モノという点も、気に入っている。当然、全てオリジナルである。

こんな罪なモノを創っているのは、横浜は元町にある『maware』というショップ。
手作りで上質な革製品が並ぶ。どれも自転車にまつわるものばかり。

サドルバッグ、ライトカバー、グリップ、メッセンジャーバッグから、財布、名刺入れ、パスケースなどなど。

当然、ロードバイクというよりは、ミニベロだったりスポルティーフのようなテイストの自転車を想定したものだ。

ここのサドルバッグも、非常に洒落た創りで、次はコレかな?と考えている。

CarradiceかBROOKSか、はたまたmawareか、これまた悩むところではある(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

西表島 2012 ~台風2発!~

先月のことになるが、また今年も西表に行ってきた。

6月下旬と言う時期も、宿も、ダイビングサービスも、トレッキングツアーガイドも、全ていつもどおり。

違ったのは、期間中台風が2発も通過したこと。幸い、沖縄本島はそれなりに影響があったようだが、西表はほとんど影響がなかった。

また、初めて地元のお祭り、「海人祭」を見物できたこと。

●西表 海編その1

●西表 海編その2

●西表 山編

| | コメント (2) | トラックバック (0)

尖閣諸島、国有化?

尖閣諸島を国が買い取る、、、野田総理がようやく決断したようだ。

これを聞いた石原都知事は「何を今さら」と依然として都が買い取る意向を崩していない。
なんでも、官房副長官らが都庁まで出向き、国に買い取らせて欲しいと申し入れたそうな。
石原都知事は「やだよ」と言って追い返した、、、手っ取り早く言うとそういうことのようで(笑)
記者団に囲まれた石原氏は「ウニャウニャ言って帰っていった」とコメント(笑)

これまでの経緯を考えれば、石原氏の言い分はごもっとも、というのが国民感情だろう。

島の所有者から国が直接買い取る方法以外に、東京都から買い取る方法も含め検討する事になりそうだが、買取りのルートなんてどうでもいい話(少なくとも国民にとっては)。

そもそも国の決断が遅すぎるからこんなことになるわけで。
一方の石原氏の決断の早さ、国防へのぶれない主張、国にも決然とモノ申す姿勢・・・
もやもやし続ける政局を見せ続けられている国民にとっては、胸のすく想いがすることは確か。

石原氏の人気はこんなところにあるのだろう。彼自身もそれを強く意識している気配がある。

パンダの名前についてコメントを求められた際も、「『センセン』『カクカク』とでもしたらどうだ」と述べたが、これに内心喝采を送った人も多いんじゃなかろうか?

大衆の不満を敏感に察知し、それを代弁する能力は見事としか言いようがないが、彼はタカ派どころではない、れっきとした右翼、国政に関わっていたらかなり厄介な存在になることは間違いない。
救いは、石原氏が“石原派”のようなグループを形成していないことか・・・。

似たような存在として話題を振りまく大阪の橋下氏はさらに危険。
アンタッチャブルだった市職員の実態にメスを入れるなど、非常にシンプルでわかりやすいメッセージと施策を打ち出しているが、一方では言論統制・思想統制に近いこともやろうとしており、これは間違いなく戦前・戦中の「特高」だ。

混迷する世の中で閉塞感が高まると、このような“リーダー”が出てくるのは世の常だが、結果が“ミスリード”となることも歴史が証明している。

おそらくもうじき選挙となるだろう。
有権者である我々は、一時の感情に流されず、よく考えて一票を投じたいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

多摩川~野川サイクリング

昨日は寝坊で行けなかった野川。きょうは気合いを入れて早起きし、午後から雨との予報を気にしながら曇天の中を出かけた。

120701_01

そもそもかなり前から。この野川沿線は行きたかった場所。なので足取りも軽く(?)、一気に二子玉川の兵庫島まで。

120701_02

一息入れた後は小田急線との交差地点まで走り(上の写真で見えている線路が小田急)、そこから狛江駅経由で野川に出た。

120701_03

その野川、やはり沿線の風景がのどかで、小さい川ながらきれいだし何より無粋な護岸工事が最小限に抑えられていて、ちゃんと「親水公園」になっているところが素晴らしい。

多摩川の様な大きな河川とは一味も二味も違うし、大田区を貫通する呑川とも全く違う。

あいにくの雨模様で、調布飛行場までのルートを途中で切り上げて引き返してきたが、再挑戦したいものだ。

120701_05

二子玉川の兵庫島公園は思いのほか広く開放的で、意外な発見だった。

この兵庫島でカワセミを見かけたのだが、野川沿いでもハンティング姿を目撃できた。

120701_06120701_07

また別の個体が橋の下の枯れ木にとまっていて、慌ててカメラのシャッターを押した。

その出来映えは、まぁコンデジだから仕方ないが、一日に複数回遭遇するとは幸運。

幸い、雨も小雨で大したことはなかったので、濡れも気にならず帰宅できた。

本日の走行距離:51.99km

やっぱり、Club Specialは乗って楽しい(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »