« 今こそ声を挙げよう | トップページ | 迷走!? ニッポン柔道 »

2012年7月30日 (月)

ニッポン柔道、疑惑の判定

ニッポン柔道がおかしい。

福見も準決勝敗退、中村にいたっては2回戦負け。

一体どうしたんだ?

個人的には福見には是が非でもメダルを獲ってもらいたかった。
谷の存在でなかなか五輪代表になれず、ようやく好機到来となったら浅見の台頭。
ちなみに、私は浅見の「私、攻め続けてます」アピールの柔道が嫌いだ。
この、“アピール柔道”で何度も苦杯をなめ、ようやく手にした五輪の切符だったのに。

敢えてきついことを言わせてもらえば、不甲斐ない試合だった。
年齢的にも、いつの間にか“ラストチャンス”。もっとしゃにむになりふりかまわず戦って欲しかった。
「自分としては一生懸命やった」と試合後に語ったが、果たして本心か?
誰よりも悔しいのは福見本人のはず。

さて、『五輪後』の福見はどうするのか?

中村は油断。試合序盤に先手を取られた。あまりに不用意な失点だった。
その後の巻き返しはさすがだったが、なぜそれを始めからやらなかったのか?
悔やんでも悔やみきれないだろう。

すでに今日の報道でも大きく取り上げられているが、男子66kg級準々決勝の海老沼vs曹準好。
海老沼の「技あり」が「有効」に変更されたのもはなはだ疑問だが、最終の旗判定で3人とも曹を選択したのにも驚きだった。何をもってして0-3判定なのか?
さらに驚きは、審判委員の異議でこれが覆り、3-0になったことだ。

海老沼が勝ったことは嬉しい(内容的にも間違いなく海老沼だったと思う)が、こんな簡単に判定が覆るのなら、主審・副審がいる意味がない。
一旦「勝ち」となった曹にしてみれば、とてもじゃないが納得できないだろう。

非常に後味の悪い結末となってしまった。

今大会の柔道の審判団はあまりにも貧弱だ。
技の判定が変更されることも多く、これでは選手たちがかわいそうである。
世界中が注目するオリンピックである。審判も一流であるべきで、そうでなければ出るべきではない。

|

« 今こそ声を挙げよう | トップページ | 迷走!? ニッポン柔道 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニッポン柔道、疑惑の判定:

« 今こそ声を挙げよう | トップページ | 迷走!? ニッポン柔道 »