« 属国ニッポン | トップページ | 尖閣諸島、国有化? »

2012年7月 2日 (月)

多摩川~野川サイクリング

昨日は寝坊で行けなかった野川。きょうは気合いを入れて早起きし、午後から雨との予報を気にしながら曇天の中を出かけた。

120701_01

そもそもかなり前から。この野川沿線は行きたかった場所。なので足取りも軽く(?)、一気に二子玉川の兵庫島まで。

120701_02

一息入れた後は小田急線との交差地点まで走り(上の写真で見えている線路が小田急)、そこから狛江駅経由で野川に出た。

120701_03

その野川、やはり沿線の風景がのどかで、小さい川ながらきれいだし何より無粋な護岸工事が最小限に抑えられていて、ちゃんと「親水公園」になっているところが素晴らしい。

多摩川の様な大きな河川とは一味も二味も違うし、大田区を貫通する呑川とも全く違う。

あいにくの雨模様で、調布飛行場までのルートを途中で切り上げて引き返してきたが、再挑戦したいものだ。

120701_05

二子玉川の兵庫島公園は思いのほか広く開放的で、意外な発見だった。

この兵庫島でカワセミを見かけたのだが、野川沿いでもハンティング姿を目撃できた。

120701_06120701_07

また別の個体が橋の下の枯れ木にとまっていて、慌ててカメラのシャッターを押した。

その出来映えは、まぁコンデジだから仕方ないが、一日に複数回遭遇するとは幸運。

幸い、雨も小雨で大したことはなかったので、濡れも気にならず帰宅できた。

本日の走行距離:51.99km

やっぱり、Club Specialは乗って楽しい(笑)

|

« 属国ニッポン | トップページ | 尖閣諸島、国有化? »

自転車/サイクリング」カテゴリの記事

野鳥・自然観察」カテゴリの記事

コメント

ロードの「あのスタイル」に拒絶反応を示す人は、少数ですが、確かにいますね。
私なんざ、自転車自体を外に出すのに一仕事。その上着替えが入ると、確実に乗る回数は激減するでしょうね。
だから、ツーリングとかスポルティーフになるんですが・・・

まぁ、ドロップハンドルに病的に拘っているので、貴殿にもドロップ入手してその乗り心地を味わっていただきたいと思うのです(笑)

GIANT DEFY、700cでありながら8.4kg! 我が家のミニベロより軽い!
それこそ「いいなぁ」ですよ!

あ、重い自転車は慣れてます(笑)←RALEIGH Club Special

投稿: 管理人 | 2012年7月 9日 (月) 22時22分

「あのスタイル」は、私もムリ!ですね、ただ、ああいう重さの自転車って、どんなだか乗ってみたい、それと、絶対登坂では有利だろうなぁ(といっても「ヒルクライム」などではなくて、近所の坂を登れるのか、という次元ですが)というのもあり…

でも確かに(ヘルメット、グローブは今でも着用していますが)、ジーンズとTシャツで普通に乗ってたらいけないような感じさえしますね。もっとも、私が万一ロードを手に入れても、きっとそういう感じで乗っちゃうでしょうけど。

あるいは、またしてものフラットバー改造をしてしまうか、せめてものブルホーン化して、クロスとの境目を不明にしてしまうか… もっともまだまだ入手の具体的アテはありませんが、日々悩んでイマス(?)。

破格値のもの、GIANT DEFY COMPOSITE SEですよね?
15万でありながらカーボン、8.4kg! いいなぁ(そればっかりですが(汗))。

“極限改造ドッペル”と言えるかは判りませんが、フレームもホイールもそのまま、という点では、改造してなおドッペル、というところでもあります。いつかぜひご覧いただき、(見た上で乗ってみようという気になられたら)ご乗車ください。お待ちしております。そこそこ改造TR1も、どうぞ(重いですが(笑))。

投稿: Mr.K | 2012年7月 8日 (日) 23時47分

“極限改造ドッペル” いつか見てみたい、乗ってみたいですね(笑)

次なるマシンは?・・・と悩んでいる間が楽しかったりしますが。
ご紹介したBianchiのNIRONE7は、たまたま立ち寄ったBianchiのショップで勧められたものです。食指が動きましたね~(笑)

あと、GIANTがカーボンフレームで破格値のモデルを出していたはずです。
進化を遂げるロードモデルには正直食指も動きますが、あのスタイルで乗らざるを得ない今の風潮があまり好きではなく、「サイクリング」志向にはやはりクロモリかな、と思います。
まぁ、Club Specialの重さには毎回辟易してますけど、それも走り出したらご機嫌・・・(笑)

当分、今の2台で我慢します。

投稿: 管理人 | 2012年7月 8日 (日) 22時17分

> ちょっと変なところに反応・・・
いやいや、以前にドッペルには乗られているわけですので(しかも私よりハードな乗り方で)。

今現在でもフレーム(フォーク含む)およびホイールは元の部品ですが、とは言ってもホイールは、ハブを開けてベアリングを真球度の高いセラミックに交換し、その際にグリースもマイクロロンに換えてドライヤーで熱処理もしているので、回りやすさはアップしていると思われます。

その他の駆動系パーツを含めて、残っているオリジナル部品は、リアブレーキ(シューは変えていますが)くらいでしょうか・・・軽量化は微妙ですが、前2段化を含めて実用的になったことは確かです。

まぁ、そのうちお目にかける機会があれば、笑っていただけるに違いないと思います(汗)、が、一応?元よりは少し走ります。

また、次のロードには、フレームからぼちぼち、も考えています。なにしろ、付けてははずしたりしたパーツの在庫も結構多いので(汗)。でもご紹介いただいたビアンキもいい感じですね・・・当分、いろいろ悩みそうです(笑)。

投稿: Mr.K | 2012年7月 8日 (日) 01時26分

ちょっと変なところに反応・・・

> ドッペルも、≪中略≫最高速度という点では、平地でそこそこ漕いで30km/hは出るのですが。

いやはや、ドッペルで30km/hというのはスゴイ!
やはり、オリジナルの影が見えなくなるほどの(笑)改造の成果でしょうね!

また、私も今のバイクで街中を走っていると、マウンテンバイクが欲しくなります。
それほど路面がひどい。
一応、通常のロードよりも太いタイヤを履いているんですが・・・

> しかもできれば、アルミでないものが欲しいなんて夢見てます。安くて軽いのは確かにアルミですが。カーボンは軽いですが、価格帯が変わってしまうので。

いやいや、BianchiのNIRONE7というモデルは、カーボンでありながらかなりのお手頃価格ですぞ(笑)
当たり前ですが、べらぼうに軽いです。あの軽さは魅力だ~

まぁ、貴殿ほどカスタム慣れしていれば、フレームからコツコツ・・・なんてのもありですよね。

投稿: 管理人 | 2012年7月 5日 (木) 23時46分

遠乗り初体験としては、なかなかよい目的地でした。これは知人の自転車乗り大先輩が計画してくれたので、さすがというか。

> 15kgの700Cと12kgのミニベロなら、700C方が楽じゃないでしょうか?
はい、私もそう思って、今回の遠乗りは700Cを選びました。どちらのホイールも、一応?ベアリング交換してグリースアップはしているのですが、同じころがり方ならやはり700Cかと。

ドッペルも、前2段化してから、一応適応範囲は広がっているとは思いますが、やはり登坂が… 最高速度という点では、平地でそこそこ漕いで30km/hは出るのですが。

一方、TR1はフロントフォークがサスペンション付なので、重いのと、やはり推進力は食われている気がするのが難点かな。ただサス付きは、街乗りには悪くない。

なので、これのフォークをサスなしの軽いものに換えるのも、何か違う気がする。そういう改造はされている方も少なからずいらっしゃいますが(ネットで見ると)。

>「1台あればいいじゃん」、、、これ、多くの女性の意見ですね。
そのようですね、でも「道具(ツール)」は使用目的ごとに違うと思うのですが。まぁ一応、確かに置き場所の問題はなくはないのではありますが。そういう話でもないようですね、女性にとっては・・・

> 職場の自転車乗りも、奥さんの理解が得られないとこぼしてました(笑)
うむ、判ります。しかし予算どりの点では、ここを突破しないとなかなか・・・まして、軽い自転車は、高い。

しかもできれば、アルミでないものが欲しいなんて夢見てます。安くて軽いのは確かにアルミですが。カーボンは軽いですが、価格帯が変わってしまうので。いっそ、フレームセットだけで買って、自分で組むのもいいかなぁ、なんて夢?もあります。

なにしろ、今の機種はどれも随分いじり倒したので、何となくキモはわかった気がするんです。とはいえ、プロが見たら、おいおい、なんでしょうけどね。

投稿: Mr.K | 2012年7月 4日 (水) 00時59分

いよいよ遠乗りを始めましたか!(笑)
私も最初は10km強でした。
その後横浜まで走ってみて、往復50kmくらいならできるな、と妙な自信がついたのですが、当時はミニベロで、今から思えば我ながら無謀(笑)

でも、何km走るかということより、目的地を決めて計画を立てる方が大事だと思います。
少なくとも、ロードでトレーニング目的ではないわけですから、体力と相談しながらコースを決めてのんびり走るのも楽しいですね。

今回のコースも、以前ミニベロで走ったエリアですが、所要時間はかなり短縮されていました。
これはミニベロと700Cの差なのだろうと、自分では考えています。

さて、TR1が約15kgとのことですが、私のClub Specialもご承知の通り軽いバイクではありません。それでも楽しいのは、かなり気分的なもの、自己満足に近いものです(汗)。

15kgの700Cと12kgのミニベロなら、700C方が楽じゃないでしょうか?
ドッペルの高速性能と登坂性能には懲りてますんで(笑)(機種は違いますけどね)、私はTR1をオススメします。

金沢ベイサイドマリーナとは、目的地にするには最適ですね~
あそこのアウトレットパークは、モンベル目当てに行ったことがあります。ただ、我が家からだと、何かのついでに寄れる場所ではなく、バイクで行くにもかなりの距離なので、なかなか行く機会に恵まれません。

そうそう、私も2台所有しながら、いまだに他の自転車に目が行きます。ミニベロにさえ食指が動きますから(笑)

「1台あればいいじゃん」、、、これ、多くの女性の意見ですね。
職場の自転車乗りも、奥さんの理解が得られないとこぼしてました(笑)
軽い自転車はそれなりの価格ですが、どうします?(笑)

投稿: 管理人 | 2012年7月 4日 (水) 00時32分

最近は雨も多いので(特に土曜日は)、なかなかアクティブに自転車に乗る、機会は多くないですが、その中でも自転車乗りを楽しまれている様子が判って楽しいです。

こちらも便乗させていただいて、先日、初めての「遠乗り(といっても、30km未満なので、笑われそうですが)」に行ってきました。というのも、前に少し書いた「子供車」、LGS-REN20の改造・調整が完了して、乗る側も少し慣れて、ちょっと長距離も乗れそうになったからです。

ということで、金沢のベイサイドマリーナまで、私は「かなり重い」LGS TR1(改。フル装備で重量約15kg)なので、乗って楽しい、にはなかなかたどり着かないですが、何とか無事(とは大げさな(汗))往復してきました。

帰ってから、筋肉痛になることを恐れていたのですが、幸い、へなちょこ自転車乗りではありますが、何ともありませんでした。

しかし、次にどこか遠乗りに行くなら、もうちょっと軽い自転車でなければなぁと思いました。まぁ、ミニベロであるドッペル(改。こちらはフル装備でも12kg程度)はやや軽いですが、なんとなく登りはつらそうだし(この辺がまさにへなちょこ自転車乗りですね)…

というわけで、ただいま軽量かつそこそこ安価(でないと…)なロード等を物色中です。まだ予算もつきませんが(汗)。

投稿: Mr.K | 2012年7月 3日 (火) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/55099940

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川~野川サイクリング:

« 属国ニッポン | トップページ | 尖閣諸島、国有化? »