« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月26日 (日)

シネマ評~歌えマチグヮー~初日はサプライズてんこ盛り!

Machigwa01

「歌えマチグヮー」とは、沖縄は那覇市にある古い商店街「栄町市場」を舞台にしたドキュメンタリーである。

地方の商店街のご多聞に漏れず、シャッター通りとなりかけた時期を地元の人たちの情熱で“再興”を果たした。

その町おこしの中心となったのが「音楽」。

中でも『おばぁラッパーズ』と呼ばれる3人の女性たちを中心にストーリーが展開されていく・・・。

そんな映画の初日に、勇んで行ったのだが・・・

ストーリーをここで記すのは、ネタばらしになるので控えるが、なにせマイナーな映画なので、大手の劇場では公開されない。
今回の公開も、決まっている予定は東京と沖縄のみ。

東京は青山にある「シアター イメージフォーラム」という小さな劇場。
初日だからか、21時の開演にも関わらず、会場は満席(と言っても64席だけど・・・)

Machigwa02

予想もしていなかった舞台挨拶。
監督の新田義貴氏、楽曲提供と自ら出演もした「もりと」、そして主演のおばぁラッパーズから“かめ”おばぁが登場、会場を多いに沸かせた。

ゆる~い映画が終わった後(笑)、なんと!ミニライブ。

Machigwa03

出演者でもある、マルチーズロックのもりと、サックス奏者の多田葉子、そしてかめおばぁの最強コラボレーション!

さらに驚いたのは、私の隣に座っていた女の子は、深水 郁(ふかみあや)という歌手だった!
♪ ばあちゃんの口ぐせ、
   うがい、手洗い、にんにく卵黄
   うがい、手洗い、にんにく卵黄~♪

彼女を知らない人でも(私もそうだった)これを聞けば「あ~、あのCM」と思い当たるだろう。これは彼女が作詞・作曲・歌を手がけたものだそうだ。

監督とは沖縄での仕事が縁で、初日に駆けつけたらしい。

Machigwa04

さらにさらに、腰を抜かすほど驚いたのは、あの、伝説の「かっちゃん」が一般人と同じように来場していたことだ。
実は、駅から会場に向う途中、歩道脇にしゃがみこんでいる異形の人物を見かけた。胸の辺りまで伸びた黒いあごひげ、異様なまでにぎょろりと剥いた眼・・・
コザで名を馳せた、沖縄のロックを語る上で欠かせない“あの人”によく似ているなぁ・・・とは思ったが、まさか青山にいるわけがないと、よく似た人なのだろうくらいに思っていたのだが、それが正真正銘の川満勝弘氏本人だったとは!

歌えマチグヮー

残念ながら公開は今のところ東京青山と那覇の桜坂劇場のみ。

東京での公開は8/25~9/21。
少々ネックは、上映が全期間通してレイトショーであること。スタートは21:10である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

南部の火祭り

静岡県との県境に近い山間の町、山梨県南部町に行ってきた。

目的は20年近く前に見た『南部の火祭り』。

富士川の河川敷で行われるこの祭りは、その名の通り、河川敷一帯が松明に彩られ、その明かりを背景に花火が打ち上げられるという、荘厳な祭り。

120815_nanbu01 120815_nanbu02

日暮れ時から“投げ松明”と呼ばれる行事が始まるが、これはわかりやすく言うと運動会の“球入れ”の要領で、長い竿の先にくくられた「蜂の巣」と呼ばれる麦わらで編んだ籠をめがけて、点火した松明をクルクル回しながら投げ合うもの。
うまく松明が命中すると、蜂の巣が火の塊となって燃え上がるというわけだ。

120815_nanbu04

そして両岸約2kmに渡って配置された円錐状の焚き木の山に一斉に点火、見事な炎の帯ができあがる。

その数、108。もちろん、これは人間の煩悩の数になぞらえているものだ。

120815_nanbu03_2

これらを背景にしながら、花火が打ち上げられるのだが、これが5000発の規模なのでなかなか侮れない。また、花火の音が両岸の山に反響して韻々と響き、コンサートホールのような音響効果。

120815_nanbu21

120815_nanbu22_2 

120815_nanbu23

都心の花火大会のような混雑もなく、視界を遮るものもなく、非常にゆったり、じっくり花火を堪能できる。

交通の便は正直良くない。しかしそれでも、このロケーションでこそ得られるものもあり、非常に満足度の高い祭事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

五輪、折り返し地点の雑感

ロンドン五輪も後半戦に入った。

期待されていた種目・選手で力を発揮できずに散ったケースも多々あったけれど、TVで見ていても思わず力が入った試合も多かった。

水泳男子・女子メドレーリレーや、フェンシング男子団体準決勝、バドミントン女子ダブルス準決勝・決勝、アーチェリー女子団体決勝などは、最後の最後まで勝負の行方がわからず正に“手に汗握る”闘いぶりだった。

もちろんサッカー男子のエジプト戦、女子のブラジル戦とフランス戦は、夜中にも関わらずTVの前で大騒ぎ・・・(笑)

今夜のバレー女子の準々決勝、vs中国も文字通りのシーソーゲームで、最後のポイントが決まるまで息の詰まるような試合だった。

そして今、卓球女子団体の決勝が始まったのだが、はてさて結果はいかに?

しかし卓球で気になるのは昨日の石川・福原・平野の喜びようだ。まるで全ての日程が終わったかのようなコメントは、既に目標を達成してしまった者のそれだった。

これじゃ勝てないんじゃない?

決勝進出=メダル確定で、彼女たちの中では「終わって」しまったような気がする。

フェンシング男子団体やバドミントン女子ダブルス、男女サッカーにおいても、劇的勝利のあとでも、選手たちは次の試合を見据えたコメントを残しているが、卓球の3人にそれは感じられなかった。

きょうの決勝で勝てれば、もちろんそれは歴史的快挙だろう。が、その可能性は極めて低いと思う。昨日のあの様子じゃ気持ち的に踏ん張りきれないんじゃないか・・・

     ~~~~~~

それにしても、昨夜のフランス戦(女子サッカー)、先制点はどう見ても「オウンゴール」だ。
大儀見はボールに触れていない。VTRを見れば明らか。なのに「狙っていた」とはよく言ったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

West Side Story

いやいやいや・・・

  #松島や あぁ松島や 松島や

という感じか?(笑)

120803_westside_01_2  8/3 渋谷の『hikarie』にオープンした『シアター・オーブ』杮落とし公演の『West Side Story』の感想である。

前回の『Chorus Line』で目が点になってしまったので、その反省を踏まえ今回は事前に映画版をDVDを借りて“予習”。
ストーリーもわかっていたので、ステージ脇の翻訳表示とにらめっこすることもなく、落ち着いて歌と踊りを鑑賞できた。

これまで観てきた『Chicago』『Dream Girls』『Chorus Line』の中でも、最もクラシックバレエの要素が強く、それだけに踊りは実に華麗。流れるような身のこなしは「さすが」の一語。

歌の方は、映画を観ていても感じたのだが、どこか調子っぱずれで、巧いのか下手なのかわからないようなメロディー(笑)が多い。 音楽はあのレナード・バーンスタインなのだから驚く。

120803_westside_02_2  それでも、第一幕終盤の“Tonight (Quintet)”は特に圧巻だった。

ストーリーは(表向きは)単純そのもの。『ロミオとジュリエット』にヒントを得たとも聞く。
1950年代のニューヨーク、街を根城にする2つのギャング団の抗争。敵と恋仲になってしまった若い二人の悲しい結末・・・

今の感覚からすれば、劇中で「ワル」とされている連中、全然悪っぽくない、極めてフツー(笑)。
しかしそんなことより、イタリア系とプエルトリコ系の対立軸を中心にストーリーは展開していくのだが、この設定は当時問題とならなかったのだろうか?
イタリア系移民、プエルトリコ系移民ともに被差別階級であり、お互いに蔑視し合う関係だと聞く。
この物語の結末が「最悪の事態」となっているのは、ある種のメッセージが込められていると見るべきなのかもしれない。

見事な歌と踊りを披瀝しながら、喉に引っかかった小骨のような後味を残すところが、この作品が60年近くに渡って支持されている理由の一つなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

横須賀花火大会

きょうは首都圏だと江戸川・市川の花火大会か、板橋・戸田の花火大会が有名だが、どちらも混雑が強烈なので、数年前から横須賀に行っている。

120804_yokosuka01

横須賀の花火は、大会規模は4000発と中規模。その分、見る場所も広く比較的ゆったり見ることができるので、ちょっと気に入っている。

120804_yokosuka02

120804_yokosuka04

年を取ってからはとにかく人ごみがイヤ。晴海や横浜、ましてや隅田川などは最初から行こうと思っていない。

今回も港の資材置き場のような場所を開放したところで観覧。相変わらずゆったりだ。

120804_yokosuka06

スタートは19:15。中規模ながら、頑張ってスターマインも数回。

120804_yokosuka03

120804_yokosuka05

それでも4000発はあっという間です(笑)

今年はあと何回いけるかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

迷走!? ニッポン柔道

ニッポン柔道が迷走している。

軽量級で惨敗しただけでなく、きょう行われた重量級でも男女とも大惨敗。

今大会のジャッジ全般には、多いに不満があるものの、必ずしも敗戦の原因ではない。

あまりの不甲斐ない結果に、お呼びでない“あの人”がまた場違いで勘違いのコメントを出している。

中には、福見への侮蔑とも取れる発言もあり、非常に不愉快だ。

http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/07/30/kiji/K20120730003789471.html

かつて、引退から現役復帰した“天才”野村。

既に男子の監督になっていた先輩でもあり盟友でもある篠原は、現役選手たちに「お前たちがだらしないから、野村が勘違いするんだ!」と発破を掛けたと言う。

今回の谷のコメントは、まさに“勘違い”の極み。

国民の税金を食んで仕事をしていることを忘れるなと言いたい。

国会議員と世界レベルのスポーツ選手が両立できると思っているのか。

現役選手たちには、それこそ篠原のかつてのコメントをそのまま投げかけたい気分だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »