« 南部の火祭り | トップページ | メンテナンス用具の自作~ハンドル受け »

2012年8月26日 (日)

シネマ評~歌えマチグヮー~初日はサプライズてんこ盛り!

Machigwa01

「歌えマチグヮー」とは、沖縄は那覇市にある古い商店街「栄町市場」を舞台にしたドキュメンタリーである。

地方の商店街のご多聞に漏れず、シャッター通りとなりかけた時期を地元の人たちの情熱で“再興”を果たした。

その町おこしの中心となったのが「音楽」。

中でも『おばぁラッパーズ』と呼ばれる3人の女性たちを中心にストーリーが展開されていく・・・。

そんな映画の初日に、勇んで行ったのだが・・・

ストーリーをここで記すのは、ネタばらしになるので控えるが、なにせマイナーな映画なので、大手の劇場では公開されない。
今回の公開も、決まっている予定は東京と沖縄のみ。

東京は青山にある「シアター イメージフォーラム」という小さな劇場。
初日だからか、21時の開演にも関わらず、会場は満席(と言っても64席だけど・・・)

Machigwa02

予想もしていなかった舞台挨拶。
監督の新田義貴氏、楽曲提供と自ら出演もした「もりと」、そして主演のおばぁラッパーズから“かめ”おばぁが登場、会場を多いに沸かせた。

ゆる~い映画が終わった後(笑)、なんと!ミニライブ。

Machigwa03

出演者でもある、マルチーズロックのもりと、サックス奏者の多田葉子、そしてかめおばぁの最強コラボレーション!

さらに驚いたのは、私の隣に座っていた女の子は、深水 郁(ふかみあや)という歌手だった!
♪ ばあちゃんの口ぐせ、
   うがい、手洗い、にんにく卵黄
   うがい、手洗い、にんにく卵黄~♪

彼女を知らない人でも(私もそうだった)これを聞けば「あ~、あのCM」と思い当たるだろう。これは彼女が作詞・作曲・歌を手がけたものだそうだ。

監督とは沖縄での仕事が縁で、初日に駆けつけたらしい。

Machigwa04

さらにさらに、腰を抜かすほど驚いたのは、あの、伝説の「かっちゃん」が一般人と同じように来場していたことだ。
実は、駅から会場に向う途中、歩道脇にしゃがみこんでいる異形の人物を見かけた。胸の辺りまで伸びた黒いあごひげ、異様なまでにぎょろりと剥いた眼・・・
コザで名を馳せた、沖縄のロックを語る上で欠かせない“あの人”によく似ているなぁ・・・とは思ったが、まさか青山にいるわけがないと、よく似た人なのだろうくらいに思っていたのだが、それが正真正銘の川満勝弘氏本人だったとは!

歌えマチグヮー

残念ながら公開は今のところ東京青山と那覇の桜坂劇場のみ。

東京での公開は8/25~9/21。
少々ネックは、上映が全期間通してレイトショーであること。スタートは21:10である。

|

« 南部の火祭り | トップページ | メンテナンス用具の自作~ハンドル受け »

映画・テレビ」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シネマ評~歌えマチグヮー~初日はサプライズてんこ盛り!:

« 南部の火祭り | トップページ | メンテナンス用具の自作~ハンドル受け »