« West Side Story | トップページ | 南部の火祭り »

2012年8月 8日 (水)

五輪、折り返し地点の雑感

ロンドン五輪も後半戦に入った。

期待されていた種目・選手で力を発揮できずに散ったケースも多々あったけれど、TVで見ていても思わず力が入った試合も多かった。

水泳男子・女子メドレーリレーや、フェンシング男子団体準決勝、バドミントン女子ダブルス準決勝・決勝、アーチェリー女子団体決勝などは、最後の最後まで勝負の行方がわからず正に“手に汗握る”闘いぶりだった。

もちろんサッカー男子のエジプト戦、女子のブラジル戦とフランス戦は、夜中にも関わらずTVの前で大騒ぎ・・・(笑)

今夜のバレー女子の準々決勝、vs中国も文字通りのシーソーゲームで、最後のポイントが決まるまで息の詰まるような試合だった。

そして今、卓球女子団体の決勝が始まったのだが、はてさて結果はいかに?

しかし卓球で気になるのは昨日の石川・福原・平野の喜びようだ。まるで全ての日程が終わったかのようなコメントは、既に目標を達成してしまった者のそれだった。

これじゃ勝てないんじゃない?

決勝進出=メダル確定で、彼女たちの中では「終わって」しまったような気がする。

フェンシング男子団体やバドミントン女子ダブルス、男女サッカーにおいても、劇的勝利のあとでも、選手たちは次の試合を見据えたコメントを残しているが、卓球の3人にそれは感じられなかった。

きょうの決勝で勝てれば、もちろんそれは歴史的快挙だろう。が、その可能性は極めて低いと思う。昨日のあの様子じゃ気持ち的に踏ん張りきれないんじゃないか・・・

     ~~~~~~

それにしても、昨夜のフランス戦(女子サッカー)、先制点はどう見ても「オウンゴール」だ。
大儀見はボールに触れていない。VTRを見れば明らか。なのに「狙っていた」とはよく言ったものだ。

|

« West Side Story | トップページ | 南部の火祭り »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪、折り返し地点の雑感:

« West Side Story | トップページ | 南部の火祭り »