« 新石垣空港カウントダウン | トップページ | 看板倒れ? 日本未来の党 »

2012年12月16日 (日)

民主党大敗

大勢が決したようだ。

自民党が単独過半数を取る勢いの一方で、民主党は無残としか言いようのない大敗振り。

たった今、野田首相の辞任会見があった。

菅、仙谷、藤村、原口、田中真紀子の“大物”が落選する事態である。野田氏が辞任するのも当然と言える。

もう民主党政権はまっぴらだ、ということだろう。

しかしだからと言ってまた自民党か?

極端に右傾化を見せる今の自民党が権勢をほしいままにするのは、危険極まりないと思うのだが。

日本の産業やインフラで、様々な“ほころび”が出ているのは、いわば自民党政治の負の遺産。20年・30年という長期にわたる無策の結果である。

その反省もせず、また性懲りもなく公共投資?

それが景気回復の唯一無二の政策とばかり声高に叫んでいる政治家、その時点で時代錯誤だ。ミイラは蘇るべきではない。

かたや「第3極」の各党。あまりに小さく分割されすぎて、少数派を脱しきれずに当選しても大したことはできないだろうと、見切りをつけられたのではないだろうか?

選挙直前に旗揚げした「日本未来の党」などは、個人的には応援したかったが、小沢氏と結びついた時点で期待感も失せた。

こうやって見ると、しっかりしたイデオロギーを持ち、かつ実行力を持った政党というのが見当たらないのも事実だ。

だから「一度やらせてみよう」という気になれなかったのはわかるが、大時代的な政策を平然と掲げる自民党を選択するというのも、あまりに短絡的だと思う。

まして、これだけ重要な選挙だというのに、投票率が50%に満たないという現実。

この国の今後は暗澹とするばかりだ。

|

« 新石垣空港カウントダウン | トップページ | 看板倒れ? 日本未来の党 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/56334863

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党大敗:

« 新石垣空港カウントダウン | トップページ | 看板倒れ? 日本未来の党 »