« 2013年3月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年4月

2013年4月20日 (土)

チューブ交換

相方のRaleigh Carlton-Nが再び不調。

Carlton02後輪に空気を入れようとしたが、バルブ先端のパーツの調子が悪く、空気が入らない。
前輪は問題なし。
フレンチバルブの先端、ピストン上に動くパーツが動いてくれないのだ。

何回かトライしたが、何回やってもダメ。

こうなればチューブを交換するしかないか、と念のため購入した自転車店に持って行った。

その店は地元で手堅く商売していることもあり、あくまで善意で、コンプレッサーを使い「ブシューッ」と強制的に空気を入れてくれた。

もちろん費用はタダである。

「また調子が悪かったら持ってきて~」と(笑)

しかしなぁ、いずれ空気は抜ける。そうしたらまた空気を入れるためだけに店に行く?

まぁ自宅から近いから問題はないかもしれないが、どこかへ出かけるたびに、事前に店に立ち寄るのも面倒だ。

というわけで、チューブ交換!

Carlton01
前回、練習しておいてよかった。相変わらずはめ込むにはちょいと苦労したが、何となく要領はつかめた感じ。

あとは携帯ポンプでどこまで空気を入れられるか?…

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

4月14日のシルヴプレ

少々時間は前後するが、4月14日に再びシルヴプレを見るために、遠路辻堂まで行ってきた。

場所は『テラスモール湘南』、当日はとんでもない強風…

130414_silve_01
やってる最中に看板は倒れるわ、カバンは飛ぶわで、二人もちょっと苦労していた。

それよりも残念だったのは、ここで行われるイベントが充分に告知されておらず、事前に知っていて見に来たと思われる人は、我々含めて5人ほど。あとは正真正銘の“通りすがり”。なので、遠巻きに眺めるばかりで会場が全く盛り上がらない。

130414_silve_02
中には、シルヴプレの二人にあからさまに嫌そうな表情をする人すらいて、この日は見ていて気の毒だった。

それにしても、この『テラスモール湘南』、イベント告知がまるでなっていない。

サイトには過去のイベントしか掲載されておらず、「イベント」のページの意味が全くない状態。怠慢もいいところだ。

130414_silve_03
かなり気の毒なアクトとなってしまったが、さて気を取り直して明日からは彼らのホームともいうべきイセザキモール、『ヨコハマ大道芸』である。

130414_silve_04
また切れの良い演技を見せてもらいたいものだ。 …天気が心配だ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

粋な色紙

Utsumi


きょう、仕事の途中に何気なく立ち寄った八重洲ブックセンター。

1階の奥に、江戸情緒たっぷりの色紙や絵葉書、手ぬぐいなどなど。

こりゃ、粋だなぁ、、、と立ち止って眺めていると、人品卑しからぬ銀髪紳士が近寄ってきて

「ね、なかなか良いでしょう?」

しばし会話、これらの作品がすべて、あの内海桂子師匠の手書きであると。

さらに驚いたのは、すぐそばに当のご本人がちんまりと座っていたこと。

思わず色紙を衝動買い。

そして色紙の裏にサインをしていただいた。

いやぁ、御年90歳とは思えぬ達者ぶり。そして芸達者。

昔の芸人は深みがあるなぁ。

それにしても、粋な絵だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

今年最後のスノーシュー 玉原高原

行きたい場所の一つ、玉原高原

今回、かなり強行軍で日帰り、スノーシューハイク。

昨年の雨呼山と同じガイドに頼んで、じっくりと自然観察。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

大道芸(パントマイム)のはしご ソラマチ~丸ノ内

そろそろ春の兆しの3月下旬、大道芸の季節の幕開け。

お気に入りのシルヴプレ、加納真美がそろってストリートをやるというので、出かけた。

場所はシルヴプレがソラマチ、加納真美が丸ノ内。

春うららとは程遠い、肌寒くどんより曇った一日だったが、初の大道芸のはしご…

まずはシルヴプレ。とにかく人が多いので、大道芸になじみがあろうがなかろうが、シルヴプレを知っていようがいまいが、そこそこ人は集まる。

相変わらず、おしゃれなパントマイム。

さてさて次は加納真美。

こちらは休日の丸ノ内とあって、人影もまばら。それだけに、集まる人は少ないけれども、大道芸を見に来た人、加納真美を知っている人が多かったような気がする。

それでも、もう少し観客がいた方が彼女も乗れたのじゃなかろうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年8月 »