« チューブ交換 | トップページ | 丹沢山、御前山、白馬岳 »

2013年8月17日 (土)

Dream Girls 再び

2010年に観に行ったDream Girls

あの時の感動が忘れられず、再来日で迷うことなくチケットを予約。そしてきょう、当日を迎えた。

話は変わるが、ここの更新もすっかりサボってしまっていて、もっぱら旅ブログとFaceBookに書き込みするので手いっぱいになってしまっている。

それをまたなぜ今か? 

端的にいえば非常に腹が立ったからである。

とにかく今日の公演(8/17 12:30)はひどかった

歌もダメ、踊りもダメ、演奏もダメ。

脚本・振り付け・音楽は前回2010年と同じ人物。なのに、である。

ミュージカルならば、ましてDream Girlsのようなストーリーなら、圧倒的な歌唱力で観客を圧倒してほしい。

それなのに、男も女も何か妙なこぶしを付けて歌うものだから、聴いている方はどうにも乗り切れない。そんなことで“独自性”など出してほしくないし、下手なこぶしは仲間内のカラオケだけで充分だ。

特に「ディーナ」役の女優は声量もなく、最大の見せ場である『Listen』を見事に台無しにした。その際の伴奏もひどいものだった。

彼女は踊りも今一つパッとせず、第2幕のいわば主役がこの有り様…

「エフィー」役はそれなりに巧かったが、第1幕のクライマックス、『I am changing』では自己陶酔のコブシ満載で聴いていられない。

全体的に踊りもピシッとしていないし、バンドの音もPAが悪いのか、どことなくバランスが悪かった。

繰り返すが、脚本・振り付け・音楽は前回と同じ人物。ということは、キャストのレベルが低いか、気が抜けているか、練習不足かのいずれかだろう。

もしかすると、日本の観客をなめているんじゃないだろうか?

そんなことまで勘ぐりたくなるような出来だったのである。

こちらは暑い中、高い金を払って行っているのに、本当に残念でならない。

|

« チューブ交換 | トップページ | 丹沢山、御前山、白馬岳 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142490/58010839

この記事へのトラックバック一覧です: Dream Girls 再び:

« チューブ交換 | トップページ | 丹沢山、御前山、白馬岳 »