テニス

2010年9月28日 (火)

伊達 奇跡

昨日の話になるが、今開催されている東レPPOの1回戦で、伊達がシャラポワを7-5、3-6、6-3で退けた。
この日、伊達にとって30歳代最後の日、この年齢でこの結果は驚異的だ。

確かにシャラポワは調子が悪そうだったが、それでもかつての№1で年齢も23歳。
身長で20cm以上、年齢で16歳の差。
普通に考えれば、伊達の勝ち目は薄いカード。

それでも抜群のボール・コントロールで相手を崩し、勝利を勝ち取った伊達、やっぱり凄いわ。

そしてきょう。記念すべき40歳の誕生日のお相手はハンチュコバ。
かつて杉山とダブルスを組んでいたこともある、長身の選手。年齢差は13歳。

昨日の疲れは確実に残っていただろうに、やはりフルセットで見事に勝利。

厳密に言えばハンチュコバが第3セット途中で肩の痛みから棄権したのだけれど、伊達は昨日にもまして緩急のつけ方が絶妙で、前後左右に揺さぶって試合をコントロールしていたから、棄権がなくても勝てたんじゃないか?

年齢を重ねたことで、どこか余裕が感じられる伊達。
追い込まれても表情は変わらないし、以前のような悲壮感がない。
見事、と言うしかない。

ちなみに、WTAのランキングをちょっと調べてみたら、日本人最高位は伊達の67位。2番手は森田の98位。
日本人トップが伊達というのも悲しいものがあるけれど、100位以内に日本人が2人しかいないというのも、かつての隆盛はいずこ?という感じだ。

試合は明日も続く。

2日連続のフルセット、肉体的には相当キツイはずで、それをテクニックで乗り越えられるか?

頑張って欲しいものだ

|

2010年8月22日 (日)

惨敗

きょうは某市の市民テニス大会

炎天下、電車とバスに揺られ参加してきたものの、結果は惨敗

最初の試合なのに待ち時間が1時間半、これでテンションが完璧に落ちた

決して負ける相手ではなかった、というか技術的には負けようがない相手のはずだったが、自滅に自滅を重ね最後まで気持ちが乗らずに終わった

しかしこの辺のメンタルコントロールも実力のうち

年に1~2回程度の対外試合参加では、鍛えようもないか・・・

それにしても不甲斐ない結果

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

ヘロヘロです

きょうもテニス。

しかしいつもと違うのは2ヶ所でやったこと。
9時から12時までは、いつものホームコート。13時からは会社の仲間と。

この1時間の間でコートを移動。距離は12km、それほどへヴィーな道のりではない・・・と甘く見ていたがコレがとんでもない検討ハズレ。

きょうは朝から風が強く、土手は文字通り吹きッさらし。恨めしいほどの向かい風。
で、こいでもこいでも自転車が先に進まない。30km/hどころか20km/hすら出せない。

これが12kmはさすがに応えた。

さらに高をくくっていた会社のメンバーがほぼ全員上級者。
気の緩む隙もなく、そんなゲームを休む暇もなく4つ。

ゲーム中に膝の両側の筋肉が痙攣を起こした。それも両足・・・

テニスが終わって再び12kmの道のりを自転車。

3時間のテニス、12kmの高負荷バイク、2時間のテニス、再度12kmのバイク・・・

いやはや非常に疲れた。上級者に混じってのテニスはかなり面白かったが・・・

| | コメント (0)

2010年1月10日 (日)

新調したラケット、シューズのその後

昨年の12月13日に、ラケットとシューズを新調した話を書いたが、その使用感。

まずシューズ。
これは全くの予想外の出来。店で履いた時の新鮮な驚きはそのままコートでも生きた。
フィット感は素晴らしく、プレイ中も足元の不安は全く無い、というか足元を意識することは皆無。
以前の芳しくないイメージは完全に払拭された。
デザインは正直なところ、テニスシューズとしてはごく普通。adidasやNikeのようなスマートさは無いが、まぁそれは履き心地よりも優先される要素ではないから、よしとしよう。
嬉しい発見である。

次にラケット。
BABOLATのラケットを使うのは初めてだが、BABOLATというより厚ラケの特性か、打球感はこれまで使っていたVOLKLとは比べられないくらいに悪い。
“芯を食う”とか“抜ける”感覚がほとんどない。“もっさり”とした感じだ。これはどうもハードヒットすればするほどこの傾向が強まるようだ。
ラケットに詳しい仲間によると、それが厚ラケということらしい。なのでハードヒットしちゃいけないのだそうだ(笑)
そもそもこのラケットを選んだのも楽をしようとしたからで、ラケットが悪いと言うよりも、自分の頭が切替えられていないと言う方が正しいのだろう。
確かに追い込まれた時などは非常に楽に返球できるのだから、ラケットは役割をしっかりこなしているわけだ。
パワーで相手を圧倒するのではなく、コースで追い込んで行くという“大人”のテニスをしなきゃいかんということだ。

こりゃ、当分無理だな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

完敗

きょうはテニスの試合だった。

集合は8:50、普段の出勤より40分も早く家を出て向かう。

対戦相手は30歳代とおぼしき二人。「いかにも」ってカンジじゃない。しかしそれが逆になんとなく不気味だった。
嫌な予感は的中、1stゲームから相手に主導権を取られ、まったくテニスをさせてもらえなかった。

6-0

これが現実だ。6つのゲームでデュースは一つもなく、ポイント先行も一回きりだった。
まさに完敗である。

理由を色々考えた。

コートが異様に速い、まだカラダが起きていなかった、太陽が正面で目が眩んだ、、、
しかしどれも条件は同じ、要は負けた理由(原因)は単純、力不足だったと言うこと。
近年稀に見る惨敗に、もう笑うしかないくらいだ。
あんなに早起きしたのに、30分足らずで全ての用事が済んでしまったというわけだ(笑)

相手が悪すぎたとも言えるが、しかしあの打ち方に対抗するにはどうしたらいいのだろう?
ボールの捉え方が根本的に違う。

答えの無いまま会場を後にし、MISIAの新譜を買って帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

新調~シューズ、ラケット~

テニス用品を新調した。

Tennis_001_2

その1、シューズ
実は最近買い換えたばかりだったが、これが大失敗。
試着した時は感じなかったが、ソールが妙に硬く、足の動きについて来てくれないと言う感じだ。
また、グリップが強すぎるのも気になった。

なので止まる時にどうにも足元が不安、遠くのボールは足を滑らせて取ると言うことをよくやるのだが、これが恐くてできない。

テニスを始めて20年以上、その間一体何足のシューズを履いて来たのか。
やや不満、と言うのはあっても、今回ほどの大失敗は一度もなかった。
自分の“見極めの眼力”が落ちたか・・・

そんなわけで、非常にもったいない話だが、怪我をしてからでは遅い。
やっぱりニューバランスしかない、しかし近場のメガスポーツショップでは全く期待薄、やはり専門店でと言うわけで、横浜のウインザーまで出かけた。

ところが、お目当てのNew Balanceはサイズがなかったり、デザインがあんまりだったりで断念せざるを得なかった。

ちなみにNew Balanceの履き心地の良さは信じて疑わないのだが、デザインはもっともっと研究すべきだ。シューズだって見た目は大事。デザインだけなら、どうしたってadidasSやNikeに目が行ってしまう。

Tennis_003 諦めかけたところへ、店員がYONEXを薦めるので試してみたら、これが意外にも“目から鱗”。
New Balanceに負けず劣らずの履き心地なのだ。しかも足裏を刺激するような、波型のインソールが心地良い。コレは初めての感触で、大変気に入った。

YONEXのシューズは昔使ったことがあるが、その時の印象が悪く、以来履こうとも思わなかった。
当たり前だが、メーカーも進歩、技術も進化しているわけで、今回のYONEXのシューズは思わぬ発見となった。

その2、ラケット
今使用中のVOLKLはその打球感が気に入っているのだが、最近は筋力の衰えか、打ち負けることがある。
そろそろ老人テニスに移行すべきなのかも、などと思うことも多々あり、“楽チン”ラケットを探した。
スイートスポットが広く、当てれば何とか返るという、ちょっと前の自分なら絶対にありえない範疇のラケットである。
で、結局2機種を試打して選んだのがコレ。打球感だけなら、もう一つの方が良かったのだが、それもそのはず、今使っている機種と同類・・・
これじゃ買い換える意味がない(笑)という言わば消去法でこちらを選んだ。
BABOLATというのが少々引っかかるが、まぁそこは価格とのバランスで我慢。

次の週末はおにゅーのシューズにラケット、こりゃ楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

惜敗 BEST8ならず

先週の続き。きょうもまた千葉へ。
これで3回目だがその道のりもそろそろ慣れてきた。

きょうはBEST8を賭けて大事な一戦。

会場に着くと既に他の試合はスタートしており、それを見学していたらサーブもストロークも速い、速い。ちょっとびびりながら、いよいよ本番。

対戦相手は・・・ヨカッタ! バリバリ体育会系ではなかった。
と安心したつもりはなかったが最初のゲームをブレイクされてから、どうにも追いつけない。1-2、2-3、3-4・・・ それでも我慢を続け第12ゲーム。

最初のポイントをポーチで取って勢いに乗った。リターン、スマッシュ、ロブが面白いように決まり遂にブレイク、遂に6オール。
次の第13ゲームは自分のサーブ。なんとしてでもキープ。コレが集中力を高めたか、初めてラブゲームでキープして、この土壇場で遂にリード。
ところが相手も凹むことなく、次のサーブをしぶとくキープして7オール。

これで2upが必須となった。当然、次のサービスゲームをキープして8-7、プレッシャーをかけたいところだった。

しかし好事魔多し
30-0のリードから逆転を許しブレイクされてしまった。7-8。
第16ゲームは相手のサーブ。
気合いを入れ直したのか、速いサーブがバシバシ入る。こちらも粘って40-40。ノンアドなので次の1本でゲームが決まる。つまりマッチポイントなわけだ。
これをしのげばタイブレイク。そうなれば流れも変わる可能性は充分。
なんとしても獲らなければならないポイント、パートナーの調子がイマイチだったので、迷わずリターンを申し出る。

相手もポイントの重要性を意識してやや長めの間合い。
そして打ったのはとんでもなく速いフラットサーブだった。
ラケットに当てはしたが、サイドを割って万事休す。

あの状況で、一か八かの気持ちはあったにしても、あのサービスを打ったのは天晴れだ。

結果7-9で敗退はしたが、非常に面白いゲームだった。

相手はマナーも良く、それもあってとても気持ちよくゲームができた。
ま、それでも負けたからちょっと悔しいが・・・(笑)

次は12月の港区大会である。

| | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

杉山引退

昨夜のニュース、驚いてしまった。
あの杉山愛が遂に引退・・・

ここ数年、ちょっと不振が続いていたからなぁ・・・
今月27日からの『東レ・パンパシフィック・オープン』が最後の試合になるらしい。

彼女を初めて見たのも、東レPPOだった。
思えば偶然にも93年、彼女がプロに転向した翌年だ。
当時は東京体育館が会場だったPPOの予選、やけにパワフルな日本人選手がいるなぁ、という印象を持った。
今よりも肉付きがよく、遠目にもがっしりした体格なのがわかったものだ(笑)

それが“杉山愛”ということは後で知ったこと。
ジュニアランキングで世界№1になったこともある、という事実も後から知った。

話は前後するが、私のテニス仲間にカメラマンがいる。
彼女は伊達の“追っかけ”で、伊達の写真はあくまでも趣味。テニスのフォームもまるっきり伊達、という“伊達マニア”。
しかし、趣味と言ってもとことん極めるとおのずから道が開けてくるものだと心底感心してしまったのは、その徹底した伊達信奉ぶりが功を奏して、あのガードの堅い伊達と知己を得るまでになってしまったことだ。
遂にはその伝手で(と私は勝手に思っているが)、伊達の子分だった杉山の専属カメラマンのようなポジションを得、『OFFICIAL』と書かれたパスを首から提げてトーナメント会場を闊歩するまでになった。
その彼女は、今回のことをどう受け止めているだろう?

さて、話を杉山に戻そう。
初めて見た時の印象、がっしりした体格と言うのは、あながち間違っていなかったようだ。
既知のことではあるが、グランドスラムの男女を通じて世界最多62回の連続出場記録というのは、当たり前の話、並大抵のことではない。
この点においては、あのナブラチロワやグラフよりも優っていると言うことだ。
わかりやすく言えば、“テニス界の衣笠”である。
生まれながらの強い体という要素もあったと思うが、日頃の体調管理を含めた強靭な精神力の為せる業だろう。

世界ランキングの自己最高は、シングルス8位、ダブルス1位。
そうなのだ、彼女は世界1のダブルスプレイヤーなのだ。
2000年全米、2003年全仏と全英の女子Wを制覇。
混合Wでも1999年全米で優勝した。
ツアー優勝は通算でシングルス6勝、ダブルスはなんと38勝。

伊達の世界4位も賞賛に価するが、シングルスとダブルスの違いはあれど、伊達ですら為し得なかったグランドスラムタイトルを4つも獲得している。
杉山のこれらの戦績も、もっと評価されるべきだと思う。

さて、今年のPPOは彼女の最後の姿を見ようと多くの観客が集まるに違いない。
おまけに伊達も出場するのだから、この2人が同じトーナメントに揃うのは間違いなくコレが最後だ。

それにしても、この後の日本女子テニスはどうなってしまうのか?

| | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

テニス、そしてサイクリング

きょうは先週雨で順延となったテニスの試合。
また千葉まで遠征。

8ゲームマッチと言う、今までやったことのないルールで少々心配だったが、やってみれば単に長いだけ。
第1試合も第2試合も、こんな言い方は失礼だが、「ドローに恵まれた」。
こちらが仕掛ける以前に、相手が先にミスをしてポイントをもらうパターン。
1本目は返って来ても2本目は返ってこないのだから、こちらはとにかく返していればイイわけで、強打の必要もなければ、厳しいコースを狙う必要もない。

市民大会ではドローの運が大きいが、まさか第2試合までも同じパターンで済むとは思わなかった。
第2試合は、相手のサービスリターンのコースが甘かったので意識的にポーチに出たが、それでも決めたポイントよりもらったポイントの方が多かったような気がする。

午後まで試合かと思ったら、次の相手がDEFで本日は打ち止め。続きは次週に持ち越しとなった。

ドロー表を見て気付いたことだが、これでベスト16ってことのようだ。
上出来と言いたいところだが、こんな内容だから自嘲的にならざるを得ない。

次の相手は曲がりなりにも勝ち上がってきたペア、そう簡単には行くまい。つなぐだけでは勝てないだろう・・・なんて殊勝に考えていたら、相手もDEF続きで1回戦を戦ったのみ。
なんだかなぁ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、昼を現地でとって帰宅、当たり前のように早速チャリである。

きょうは平地を東へと向かった。

大森ふるさとの浜辺公園~大森 海苔のふるさと館~平和の森公園~大井競馬場~品川シーサイドフォレスト~天王洲アイル~東品川海上公園

大森ふるさとの浜辺公園はオープンしたばかりの親水公園。お台場のように砂浜があり、水遊びができる。真夏を過ぎて人も少ないかと思ったら、家族連れが多勢来ていて思い思いに遊んでいた。
中には甲羅干しに専念する人もいたり、岩場の方では釣りを楽しむ人もいて、身近な海といった趣。

隣接する海苔のふるさと館の屋上からの眺めも良く、なかなか気の利いたスポットである。

そこから埃っぽいトラック道路を走り、海岸通に出てから品川シーサイド、天王洲アイルまで。
景色もへったくれもないルートだったが、天王洲アイル周辺はなかなか落ち着いた雰囲気だし、東品川公園もキレイに整備されている洒落た公園。

天王洲アイルは週末になると店が軒並み休業となるのが少々ネックだ。

帰りは海岸通と産業道路をひた走り。帰宅したのは7時。

きょうの走行距離、およそ20kmである。

|

2009年7月 5日 (日)

全英、静岡県知事

昨夜のウインブルドン女子シングルス決勝は、2年連続で猿人姉妹対決。

決勝のカードが決まった瞬間に興味を失ったのは言うまでもない。

この2人のテニスは本当につまらない。とにかく力任せに引っ叩くだけ。

こんなやつらが跋扈しているようでは、女子テニスの未来は暗い。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そしてきょうは男子シングルス決勝。

フェデラーvsロディック

これはなかなか面白い。(現在放映中)

第1セットはロディックが意外にも奪取。第2セットはタイブレイク2-6からフェデラーが驚異の逆転で奪取。

勝敗の行方が気になるが、これを最後まで見ていると明日の仕事に支障があるから、我慢して寝ることにしよう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まったく関係ない話だが、きょうは静岡県知事選挙だった。

与野党の推す候補、事実上の一騎打ちという構図の中で、野党派(形式上は無所属)の候補が僅差で当選した。

静岡県で自民が敗れるというのは、ある意味画期的なことだ。

この先の県政がどう変化していくか、ちょっとばかり楽しみである。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧